まるで宝探し?家中に散らばった90年前のベントレーを組み立てる!

世紀の大発見と言われたフランスのバーンファインドでは、アラン・ドロンが所有していたフェラーリ 250GT SWB カリフォルニア スパイダーなどが見つかった。そして、ここあるのはバーンファインドされた1928年 ベントレー 4.5リッターだ。ビクター・ブルームが手がけたドロップヘッドのスタイリングを持っている。

すべての写真を見る

同モデルは8台製造され、現存しているのはこの1台のみだと推測される。アールデコの2シーターボディのリアにはフォールディングタイプのシートが隠されていて、10フィート、10インチの大きさ。そして、信じようが信じまいが、すべてオリジナルであると言われていて、しかもちゃんと走る。どこで見つかったのか?ボルネオ?実際は、ロンドンのベントレーエンスージアストのもとで50年以上眠っていたのだ。



なぜこれまでの間、全く外に出されることもなく、オリジナルを保っているのだろうか?コレクターであるウィリアム・メドカルフがそのストーリーを手ほどく。そこには、単に”バーンファインド”というには相応しくないほどの複雑な物語があった。ウィリアムが話すにはこのような始まりだ。

「数年前にある女性から電話が来て、彼女の父が亡くなったと電話があったんだ。それはこういう内容だった。"いくつか古い車があって、その中にはベントレーもある。家も車も売りたいのだけれど、ビンテージ ベントレーであるはずの1台がバラバラになっていてちゃんと認識できない" 急いで車に乗り込んで、キューガーデンへ向かった。家の中に入ると、確かにボロボロの床にはベントレーのシリンダーブロックが落ちていた。さらに周りを見ると、階段にはクラッチ、コンロッド、というようにそこら中に転がっていんだ」



1962年、学生であったスチュアート・ワラスはおもしろみのある車を求めていて、このベントレーを買った。驚くことに当時はミニを購入するよりよっぽど安かったそうだ。とはいえ、この4.5リッターを維持することはワラスにとって簡単ではなかった。そして、彼が行き着いたのが自分でレストアする、というところだったのだ。 バラバラにしたパーツはガレージでなく家の中で保管し、全ての写真を撮り記録していた。小さなものはジャムの瓶や缶など色々な物に入れていた。しかし、どれほどのパーツが残っているのだろうか?キャブレターや他のアレコレはどこに?



食器棚や階段の下、ロフトやキッチンもウィリアムは探し周った。そして、ベッドルームではラジエーター、ベッドの下にはヘッドライトを見つけた。どれほど残っているのかという質問に戻すと、ウィリアムが見たところではすべてが残っているようだった。そして、ワラスの娘から丸ごと買い取ることを決めたのであった。

長い間をかけて家に通い、ボルネオ島風のガーデンなども探してみた。そして、錆びきったガレージをこじ開けてみると、シャシーが転がっていた。しかし、とても残念なことに錆びていてオリジナルのボディワークとは言えない。

「向こうにある鍵がかかっているガレージを見てみて」と言われ行ってみると、そこのルーフにはビクター・ブルームが手がけたアルミニウム製ドロップヘッドのボディワークがあった。もちろんスチュアートは、トリムすべてを取り除いていた。



「少しずつパーツを組み合わせていったら、完全に車の姿が出来上がってきた。深夜まで起きていたことも幾度となくあったし、ボディとルーフがちゃんと組み合わさるかずっと不安に思っていた。いつスクラップされてもおかしくない状態だったね。最終的にはすべてパーツを持って行ってくれと言われて、バンとトレイラーの2台で向かったんだ。とにかく本当に家中どこにでもあって、少しでも可能性のあるケースとかもすべて見たよ」とウィリアムは笑いながら話す。まるで宝探しをしている人のようだ。

「どんどん組み立てていったら、無いコンポーネントがいくつかあることに気付いた。だから、また家に戻って探すというわけさ。例えば、ドアロック、ドアヒンジのようなボディに関わるものが見つからなかった。スチュアートは絶対1つの箱にまとめてどこかにしまってあるんだと確信していたね。娘によれば、もうガーデンには何も無かったというんだけれど、僕たちはまだ全部探し切れていなかったから行ってみたらあったんだよ」

3ヵ月でボディワークを組み立て、”ベントレーの再組立て”とプロジェクトを名付けた。レストアとは呼ばない理由についてはこう語る。「最近のマーケットは変化していて、レストアするべきものがむしろ歓迎されている。レストアしたければすればいいし、コンクール級にしたいならばそれはそれでそうすればいい。僕たちの目的は可能な限りこのベントレーを”保存”することなんだ。ちょっと手を入れないと動くようにはならないけれど、最小限のことしかやらないよ」



このベントレーのエンジンには当初付いていた5年保証シールが未だに貼ってある。ベントレーモータースに車の調査を依頼したところ、ギアボックスもレアアクスルもやはりオリジナルであることが分かった。90年が経ち、このシールを見られることができるのは極めて貴重なことである。走行距離は3万9000マイルだと推測されている。

メドカルフはレストアすることを進められたが、それは拒否してあくまでも”再組立て”だと主張している。ビンテージカーの新しいあり方かもしれない。