普通の概念からは少し外れた奇妙な食べ物、「奇食」――。

そう聞くと、みなさんは何を思いつくでしょうか?

「インスタ映え」という言葉が流行している昨今、いかにもお洒落な食べ物だけではなく、実はその見た目にインパクトのあるものも、ひそかに人気を集めています。

そこで今回は、「ありきたりのグルメでは物足りない! 」という方におすすめの「寄食」を集めてみました。なかにはちょっとだけグロテスクな見た目の料理もあるので要注意ですが、どのメニューも一見の価値があること間違いなしです。

  • インスタ映え 寄食

    カメラを手にし、いざ寄食とご対面……!

※以下、各スポットの情報は2019年7月時点でのものになります。スケジュール等は順次変動する可能性もあるため、行く際には事前に各施設のHP等にて確認することを推奨いたします

1.【甘味×生姜】岩下の新生姜ソフトクリーム

トップバッターは、岩下の新生姜ミュージアムの中にある「カフェニュージンジャー」で提供されている「新生姜ソフトクリーム」。ピンク色の何ともかわいいソフトクリームです。

このソフトクリーム、パクっとひと口食べただけではあまりその味の違いには気付かないかもしれません。ですがその後はジワジワと生姜の風味が効いてきます。一度食べると、そのクセになる美味しさにリピーターになってしまうかも。1つ300円と手ごろなところもいいですね。

岩下の新生姜ミュージアム
住所 : 栃木県栃木市本町1-25
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 火曜日(祝日除く)、年末年始
アクセス :
・東北自動車道/北関東自動車道「栃木IC」から車で約15分
・JR両毛線/東武日光線「栃木駅」北口から徒歩12分
公式サイト : https://shinshoga-museum.com/

2.【甘味×とんかつ】とんかつパフェ

続いて紹介するのは、清まる花園店にある、「とんかつ」と「パフェ」という奇抜な組み合わせが話題の「とんかつパフェ」。パフェの上は、とんかつとフルーツの花びらが満開になっています。

とんかつの上に生クリームとりんご、さらに抹茶アイスを乗せていただくのが正しい食べ方とのこと。とんかつと生クリームが合うのか? と気になる所ですが、これが意外にも美味しいから不思議です。とんかつと生クリームの予想外の相性を楽しんでみてくださいね。

とんかつ 清まる
住所 : 愛媛県松山市花園町4-6 アプトンパーク21
営業時間 : 11:00~21: 00
アクセス : 伊予鉄環状線「松山市駅」から徒歩4分
公式サイト : https://tonkatsupafe.co.jp/

3.【甘味×ラーメン】パイナップルラーメン

その店名からして個性的なパパパパパインでは、変わり種メニュー「パイナップルラーメン」を楽しめます。

こちらは、魚介ベースの本格的な塩スープに、約80ccのパイナップル果汁が入れられている料理。“スープ全体の約1/4がパイナップル果汁”という絶妙な配分が、絶妙な味わいを実現しています。

魚介の旨みとパイナップルの酸味はこれまた意外にも相性がよく、ラーメンとして成り立っています。パイナップルに負けない鮮やかな黄色の味玉も乗せられており、可愛らしい一品となっています。

パパパパパイン
住所 : 東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ 2F
営業時間 : 11:00~15:00、18:00~21:00
定休日 : 水曜日
アクセス : JR横浜線/小田急小田原線「町田駅」から徒歩3分
公式サイト : https://twitter.com/paishio

4.【甘味×パスタ】いちごスパ

喫茶マウンテンでは、「いちごスパ」を食べることができます。スパゲッティといちごを上手に組み合わせた変わり種な料理――ではなく、まさしく「名前そのまま」の赤く染まった一皿が目の前に出現します。

いちご色の中太麺に乗せられた生クリームといちご、そしてキウイという強烈なインパクトを放つ一品。茹でられた麺の熱によって生温かくなったフルーツと生クリームは、完全に寄食上級者向けです。この甘いパスタは、今回ご紹介する奇食のなかでも、激しく好き嫌いが分かれるかもしれません。

なお、喫茶マウンテンでは、完食を「登頂」、食べきれない場合には「遭難」と呼ぶので、その結果をSNSで報告して楽しむ奇食ファンも多いようです。いちごスパは冬と春の期間限定メニューですが、このほかにも「甘口抹茶小倉スパ」や「抹茶しるこスパ」など、さまざまな珍メニューがあるので、気になった方はぜひ「登頂」を目指してみてください。

喫茶マウンテン
住所 : 愛知県名古屋市昭和区滝川町47-86
営業時間 : 9:00~21:30
定休日 : 月曜日
※祝日の場合は営業。その場合は翌火曜休み。年末年始休みあり。
アクセス :
・名古屋市営地下鉄名城線「八事日赤駅」から徒歩8分
・名古屋市営地下鉄鶴舞線 「いりなか駅」から徒歩10分
公式サイト : http://kissamountain.blog61.fc2.com/

5.【甘味×カレー】バナナパフェ風カレー

お次は、カレーの上に生クリームとチョコバナナがトッピングされた「バナナパフェ風カレー」。カレーそのものが甘口であるため、バナナや生クリームの個性が邪魔をしないのがこの料理の特徴です。見た目のインパクトとは異なる食べやすさに驚いてしまうかもしれません。

ただし、カレーにバナナや生クリームを混ぜすぎてしまうと味わいが変わってしまうため、要注意です。まずはトッピングを少しずつ混ぜながら食べることをおすすめします。

サンモリッツ
住所 : 大阪府大阪市浪速区難波中2-6-20
営業時間 : 11 : 30~20 : 00
定休日 : 火曜日
※火曜日が祝日の場合は営業、時々振替休日等あり。
アクセス : 南海電鉄「なんば駅」南改札出口から徒歩1分
公式サイト : http://osaka-stmoritz.weebly.com/

6.【甘味×苦味】わたあめコーヒー

京都のAlpha foods&drink(アルファフードアンドドリンク)で楽しめる変わったメニューが「雲下コーヒー」です。注がれたコーヒーの上にはわたあめの雲がかかっていますよ。

コーヒーの熱によって溶けだしたわたあめが雨となって、コーヒーに降り注ぐという仕組み。わたあめの甘さとコーヒーの苦さが作りだす不思議な味わいを一度体験してみてください。

Alpha foods&drink
住所 : 京都府京都市中京区西大黒町327
営業時間 : 12:00~18:00
定休日 : 水曜日(不定期に臨時休業する場合あり)
アクセス : 京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」から徒歩5分
公式サイト : https://www.facebook.com/kyotoalpha

7.【苦味×ラーメン】コーヒーラーメン

東京葛飾の亜呂摩(アロマ)では、コーヒー味のスープが特徴の「コーヒーラーメン」が話題です。人の顔のようにアイスクリームやフルーツがトッピングされたラーメンは、新しいスイーツのよう。

ほろ苦さはありますが、アイスが溶けるとコーヒースープと絡まって、パフェのような美味しさに。麺にもコーヒーを練り込んであるというこだわりにも驚かされます。コーヒーラーメンはアイスとホットが用意されていますが、初めは比較的食べやすいアイスがおすすめです。

亜呂摩(アロマ)
住所 : 東京都葛飾区宝町2-19-16
営業時間 : 11:00~19:00
定休日 : 火曜日/日曜日不定休
アクセス :京成電鉄「お花茶屋駅」から徒歩6分

8.【甘味×カレー】チョコレートカレー

高級チョコレートショップとして有名なピエールマルコリーニ。珍メニューとは縁遠い気もしますが、こちらの銀座本店では、チョコレートとカレーをコラボさせた限定メニュー「マルコリーニ カレー」を提供しています。販売は12時から14時の間のみ。さらにこのメニューは銀座本店限定のもので、しかも数量限定という、奇食にして希少な一品。

パッと見は濃厚な黒カレーのようですが、顔を近づけてみれば、しっかりとチョコレートの匂いがしてきます。食べ進めていくと、徐々にチョコレートのビターな味わいを感じてくるはず。食べるほどに、カレーとチョコの絶妙な組み合わせにハマっていく不思議なカレーです。

ピエールマルコリーニ 銀座店
住所 : 東京都中央区銀座5-5-8
営業時間 : 11:00~20:00(日曜祝日は11:00~19:00)
アクセス : 東京メトロ丸の内線/銀座線/日比谷線「銀座駅」から徒歩3分
公式サイト : https://store.c-c-c.co.jp/Page/ginza.aspx

9.【甘味×ちくわ】ちくわパフェ

鳥取県のティーラウンジ・ダイアナには、鳥取県名物の豆腐ちくわを使った「ちくわパフェ」があります。この豆腐ちくわは魚のすり身に豆腐を加えて作られたもので、食感がやわらかく臭みが少ないという特徴があります。

パフェの上に盛られたバナナなどのフルーツと一緒に、ちくわが当たり前のように並んでいます。しかし、その存在感は圧倒的です。

ティーラウンジ・ダイアナ
住所 : 鳥取県倉吉市米田町801
営業時間 : 8:30~20:00
定休日 : 日曜日
アクセス : JR山陰本線「倉吉駅」から車で約11分
Facebookアカウント : https://www.facebook.com/dianaweb21/

10.【苦味×ピラフ】コーヒーピラフ

コーヒーで炊いたご飯に、コーヒーで煮込んだ鶏肉が乗せられている「コーヒーピラフ」。この時点ですでに「どうかしてる」という印象を抱く方もいるでしょう。しかし、そのコク深い味わいは、もはや奇食というよりは「美食」の域に達しているとも言っていいかもしれません。

コーヒーで炊かれたご飯は香り高く、徹底的に煮込まれたやわらかいチキンの美味しさも格別です。さらに、クコの実の赤さが食欲をそそります。

完成された美味しさにリピーターも多いというワンランク上の奇食。遠くからでも、この一品のために足を運ぶ価値は十分にアリです。

寿古珈琲(スコーコーヒー)レストラン
住所 : 長崎県大村市寿古町813-1
営業時間 : 10:30~21:00(LO.20:30)
定休日 : 木曜日
アクセス : JR大村線「松原駅」から車で5分
公式サイト : https://www.city.omura.nagasaki.jp/furusato/kanko/greentourism/slow-life/suko.html

11.【甘味×明太子】めんたいソフトクリーム

明太子の老舗「かねふく」が運営する“明太子専門テーマパーク”である「めんたいパーク」では、バニラソフトクリームと明太子のバラ子を混ぜた「めんたいソフトクリーム」を味わうことができます。ちなみにこのめんたいパークは大阪や愛知、兵庫など、全国5カ所にあります。

バニラの甘さを感じた後から明太子の塩気と辛味が効いてきますが、両者が混然一体となれば意外にもまろやか。バラ子はかなりの量が投入されているので、明太子ならではのプチプチ食感も存分に楽しめますよ。

ソフトクリームの上部に刺さった「めんたいせんべい」と合わせて、明太子の美味しさを満喫してみてはいかがでしょうか。

めんたいパークとこなめ
住所 : 愛知県常滑市りんくう町1-25-4
営業時間 : 平日9:30~17:30、土日祝日9:00~18:00
定休日 : なし
アクセス : 名鉄常滑線「常滑駅」から徒歩約10分
※ほか、神戸・大阪・伊豆にあり。詳細は公式サイトより。
公式サイトより : https://mentai-park.com/

12.【???】ウーパールーパー

大阪の宝雪酒坊では、ウーパールーパーに見える唐揚げではなく、「ウーパールーパーを唐揚げにしたもの」がそのまま出てきます! 見た目がグロテスクなので人を選ぶメニューですが、その味わいは白身魚のようにアッサリしているそう。お酒が好きな方はぜひお試しを!

宝雪酒坊
住所 : 大阪府大東市学園町3-11
営業時間 : 17:00~23:00
定休日 : 日曜日
アクセス : JR片町線「四条畷駅」から徒歩3分

まとめ

今回は、寄食メニュー12選を紹介しました。どのメニューも、見た目のインパクトもさながら、その味わいも個性的なものになっています。その味わいが想像通りなのか、それともその斜め上を行くのか……。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

「ご当地グルメ」を知って、旅行・出張を楽しむ!

ご当地グルメを食べる、というのは旅行の醍醐味のひとつですよね。旅先や出張先で、その地に根付いた料理を食べるという経験は思い出に残ります。

そこで、マイナビニュース編集部では全国津々浦々のご当地グルメに関する情報を調査! 静岡名物「黒はんぺん」や、大分名物「だんご汁」など、さまざまなご当地グルメを紹介しています。こうした個性的な料理を知っていれば、旅行や出張の楽しみが1つ増えることでしょう。ぜひご覧ください。

【合わせて読みたい】 : 「ご当地グルメ」に関する記事はコチラ