秋田書店主催のミスコンテスト「2019 第10回ミスヤングチャンピオン」お披露目プレスイベントが23日、都内で行われ、青科まき(22歳)、肥川彩愛(24歳)がグランプリに選ばれた。

「2019 第10回ミスヤングチャンピオン」のグランプリに選ばれた青科まき、肥川彩愛(左から)

東京・新宿の歌舞伎町にある週プレ酒場でバイトとして店員を勤め、それを機会に雑誌でグラビアデビューを果たした青科は、今回のグランプリ獲得に「普通のFカップでそれ以外の特徴があまりなくて自信もありませんでした。でもグランプリの称号がどうしても欲しかったし、自信につなげたくて今回のオーディションを受けました」とオーディションを受けた理由を説明し、「とにかくファンの皆さんや支えてくれた皆さんが頑張ってくれました。グランプリという結果を皆さんと喜びたいですね」とファンやスタッフに感謝しきりだった。

かつてはNMB48のメンバーとして活躍していた肥川は、卒業後女優業やグラビアなど、様々なジャンルで活躍中。「皆さんにどうアピールすればいいか試行錯誤していましたが、ファンの方と一緒にここまでやって来ることができました。ファンの皆さんに助けられたイベントで仲良くなれたイベントでもあります。今回は本当に参加できて良かったと思います」と笑顔を見せた。

グランプリを獲得したということで、今後のグラビア活動にも期待が高まる青科と肥川。今後の目標を問われ、青科は「グラビアアイドルって男性に見られるイメージが強いんですけど、実際に私は岸明日香さんのグラビアを見てきれいだと思いますし、憧れの気持ちが湧きました。男性から愛されるグラドルでありたいし、女性にも見られる下着や水着のお仕事をしていきたいですね」と男性や女性に愛されるグラドル像を。

一方の肥川は、すでにDVDを2枚リリースしていることもあり、「昔から写真集を出すのが夢でした。雑誌の表紙は何人かで載ったことがあるので単独の表紙も出来たらと思っています」と紙媒体での活躍を目標としており、「内田理央さんをリスペクトしています。女優やモデル、グラビアにとオールマイティーに活躍されているので憧れています。理央さんを目標にこれから頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っていた。

なお、準グランプリには小島瑠奈(23歳)、夏井さら(20歳)、特別賞には立花咲羽(19歳)、西野陽菜(25歳)がそれぞれ選ばれた。