秋元康プロデュース デジタル声優アイドル「22/7」、来年1月にTVアニメ放送決定

秋元康がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタル声優アイドル、22/7(ナナブンノニジュウニ)が22日(月)、duo MUSIC EXCHANGEにて「ナナニジフェス2019」を開催。同公演内にて、2020年1月より22/7のTVアニメが放送されることが発表された。

また、同公演内で、8月21日(水)にリリースされる4thシングル「何もしてあげられない」のMVも初解禁され、その後、「22/7公式YouTubeチャンネル」にて公開された。

こちらのMVは、初めてメンバー全11人のキャラクターが出演する手書きアニメーション。乃木坂46やTHE SxPLAY – "For キミに贈る歌 "のMV、さらに「約束のネバーランド」OP&EDや「ダーリン・イン・ザ・フランキス」OPのビジュアル&モーションデザインも手がけるmaxillaのukiがディレクターを務め、「けいおん!」「たまこまーけっと」の堀口悠紀子がアニメーションキャラクターデザインと作画監督を担当。そして、ONE OK ROCKのMVやNIKE・Netflix等のCMを数多く手がけるクリエイティブチームmaxillaとグラスが制作を手がけている。MVとあわせて解禁されたCDジャケットも、三形態ともに堀口悠紀子による描き下ろしとなっている。

そして、『何もしてあげられない』発売記念「個別握手会」の追加日程も発表。藤間桜によるバーチャルハイタッチ会の実施も決定。こちらはVRゴーグルをかぶることで、藤間桜とのハイタッチ会が楽しめる内容となっている。いずれも7月24日(水)14時よりスタートする【第6次応募受付】より受付開始。詳細はforTUNE music HP(https://fortunemusic.jp/227_201908/)まで。

さらに、9月20日(金)マイナビBLITZ赤坂にて「Anniversary Live 2019」の開催も決定。こちらの詳細は22/7公式HP(http://www.nanabunnonijyuuni.com/)まで。


(C)ANIME 22/7