「UFC240」に登場する堀江圭功選手

 総合格闘家の堀江圭功選手が、7月28日(日本時間)にカナダ・エドモントンのロジャーズ・プレイスで開催される総合格闘家の大会「UFC240」で“UFCデビュー”を果たし、カナダのハキーム・ダオドゥ選手と対戦する。堀江選手は伝統派空手出身で、これまでMMA(総合格闘技)で8勝1敗の戦績を残している打撃系ファイター。ここ2試合連続で1ラウンドTKO勝利を挙げ勢いに乗る。ダオドゥ選手との対戦を前に「何もさせずにボコボコにしようと思う」と話す堀江選手に“初陣”への意気込みを聞いた。

 --UFCデビューが決まった、今の心境を聞かせてください。

 自分はずっとUFCを目指してやってきたので、出場が決まった時はもちろんうれしい気持ちもありましたが、急きょ決まってもう翌月には試合だったので、浮かれる気持ちはなく、すぐ試合モードに切り替わりましたね。だから今は「うれしい」というより、「やっとスタート地点に立てた」「ここで勝たなきゃ意味がない」というような気持ちです。

 --堀江選手は空手出身で、高校卒業後、総合格闘技をやるために長崎から上京してきたと聞いていますが、最初からUFCを目指していたんですか?

 そうですね。始めから「UFCチャンピオンになりたい」と思って上京してきました。

 --「UFCファイター」ではなく「UFCチャンピオン」になりたい、と。

 元々、一番強い男になりたかったので、UFCでチャンピオンになれば、「その階級で世界一強い」ことが証明できると思ったので、UFCチャンピオンを目指そうと思いました。

 --今年5月末から米国で5週間ほど出げいこに行きましたが、これもUFC参戦を見越してだったのですか?

 いや、UFC参戦が決まる前から米国へ修行に行くことは決まっていたんですよ。将来UFCで戦うためには、絶対に海外の選手とのスパーリングも経験しておいた方がいいと思ったので。それがちょうど日本に帰る直前にオファーが来て、帰国してすぐにUFCでの試合が決まったので、結果的に最高のタイミングになりました。

 向こうは練習環境が整っていて、自分の階級のプロ選手もたくさんいたので、すごく勉強になりました。日本だとプロ練習ではスパーリングをすることが多いんですけど、米国ではプロ練習の中に基本的な技術練習が入っていたりするので。改めて基本を見直すことができて、スタミナもめちゃくちゃ付きましたね。

 --相当ハイレベルな選手がそろっていたと思いますが、その中でも「自分はやっていけるぞ」という自信は持てましたか?

 手応えはつかめましたね。やられて自信を失うというより、自信をつけて帰ってくることができたので。

 --対戦相手のダオドゥ選手の印象は?

 キックボクシングが強いイメージですね。腰が強くて、テイクダウンディフェンスがしっかりできていて、キックボクシングの技術をMMAの中で生かせているイメージです。

 --対戦する上で注意すべき点は?

 やっぱりリーチが長いことですね。自分は(相手から)遠めの距離で戦うので、しっかり自分の間合いで戦い続けることができれば、問題ないと思います。

 間違いなく強い相手だと思います。でも、自分としてはそういう相手を用意してもらえたのがうれしいですね。強い相手を倒したほうが、UFCでも注目されると思うので、いい選手を当ててくれたなと思います。

 やはり第一印象っていうのは重要だと思うので、自分の持ち味であるスピードで圧倒して、何もさせずにボコボコにしようと思ってます。

 --試合のイメージは固まっていますか?

 はい。試合のイメージは出来上がっていて。気持ちも体も過去最高ですね。コンディションもバッチリなので、あとは風邪をひいたりしないよう気をつけながら、最高の状態で当日を迎えようと思います。

 --UFC初参戦のプレッシャーを感じているというより、早くオクタゴンに上がりたくてしょうがないように見えますが?

 そうですね。もう気持ちと体はしっかり仕上がっているので、自分自身楽しみです。残り少ない時間でさらに最高の状態に仕上げて、オクタゴンですべてを出そうと思います!

 *……WOWOWは、「生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC240 in カナダ フェザー級タイトルマッチ!フェザー級王者と元ライト級王者の新旧頂上決戦!」と題して、堀江圭功選手 とハキーム・ダオドゥ選手の試合などを、7月28日午前11時からWOWOWライブで生中継する。