NHK「よるドラ『だから私は推しました』」発の地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」 (C)NHK

 NHK「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)の第3弾として、7月27日にスタートする連続ドラマ「だから私は推しました」発のアイドルグループ「サニーサイドアップ(サニサイ)」の公式ツイッターアカウントが7月22日、開設され、オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオ(MV)が公開された。今回“デビュー”を果たしたサニサイを演じるのは、女優の白石聖さん、松田るかさんのほか、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんの5人。8月3日にNHK大阪放送局で行われるイベントに登場するなど、“超期間限定アイドル”として実際に活動していく。

 公式ツイッターでは、MVのほか、メンバーの奮闘や葛藤、その素顔など、ドラマでは描かれない“バックサイド”のストーリーを毎日発信する。サニサイのリーダー・原花梨役の松田さんは、「私も原花梨として、みなさまにリアルなアイドルをお届けします。せひご覧ください」とアピールしている。

 ドラマのテーマは「地下アイドル×女オタ」で、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。

 主人公の遠藤愛(桜井さん)は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見えを張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路(みそじ)間近の女性会社員。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナ(白石さん)を目撃する。あまりの下手さにいら立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていくが……というストーリー。

 ◇原花梨役・松田るかさんのコメント

 アイドルたちがテッペンを目指すといった作品は多くあったと思います。この作品はただ単にアイドルを描くにとどまらず、推す側の思いや葛藤、アイドルとオタクの関係、推すとは何なのか、推した先には何があるのか、今までと一味違った作品であり、それなのに妙にリアルで見たことのある光景が広がる、とても不思議で面白い作品になっていると思います。私も原花梨として、みなさまにリアルなアイドルをお届けします。せひご覧ください。

 ◇那須凛怜役・田中珠里さんのコメント

 元アイドルだからこそ、アイドルの面白さを伝えたい。歌って踊ることが、どれだけたくさんの人の心に響くのか、それで私たちがどれだけパワーをもらってるのか、私は一番知っています。タオルと光るものと、何でもいいです! それを持って、ぜひ一緒に最高の景色を見ませんか?

 ◇麦田詩織役・松川星さんのコメント

 元々オタクをしているくらいアイドルが好きなので、一生できないと思っていたアイドル役を、こうしてできることにとてもワクワクしています。 サニサイメンバーとは毎日のように一緒にいるので、息ぴったりです。 アイドルを好きな方はもちろん、そうではない方にも共感や親近感を持ってもらえるようなドラマになっていると思います。私がしおりんを通してこの作品の魅力を精いっぱい伝えられるように頑張ります!

 ◇玉路紀子役・天木じゅんさんのコメント

 地下アイドルとして、サニサイとして本当に生きながら撮影に挑んでいます。そこからにじみ出るリアルを伝えられたらと思います。地下アイドルの裏側や、アイドルとオタの熱い関係性などを知って、笑い、涙してもらえたらうれしいです。みなさまの中でずっと生き続けるようなアイドルを目指します!

 ◇栗本ハナ役・白石聖さんのコメント

 ハナは人として少し弱い部分もありますが、カッコ悪くても不器用なりに頑張っている姿がすてきな子だと思います。それが私を通じることで視聴者の方に受け入れてもらえるか不安もありますが、推すことの愛が一人でも多くの方に届けばいいなと思います。