日常で活躍するライカのコンパクトデジタルカメラ登場

ライカカメラより、日常のさまざまなシーンで活躍するデジタルカメラ「ライカ V-LUX 5」が発売される。「ライカ V-LUX 5」は、高性能なズームレンズと新開発の大型の撮像素子を搭載しているのが特長で、優れた描写力を発揮する。

視界が明るくクリアな有機EL電子ビューファインダーとバリアングル式のタッチパネル液晶モニターを搭載し、どんなシチュエーションでも簡単かつ快適に構図を決めることができる。さらに、一瞬を鮮やかに切り取る高速オートフォーカスと高速連写機能に加え、「フォーカス合成」や「フォーカスセレクト」などの革新的な機能も数多く搭載されている。

また、ライカのアプリ「Leica FOTOS」(iOSおよびAndroidに対応)にも対応しており、連携機能も最新なものへと強化した。こうした特長から、幅広い用途に対応する高性能なデジタルカメラに仕上がっている。



2000万画素の1.0型の撮像素子と、ズームレンズ「ライカ DC バリオ・エルマリート f2.8-4.0/9.1-146mm ASPH.(焦点距離は35mm判換算で25~400mm)」を搭載し、この撮像素子とズームレンズの組み合わせにより、マクロから広角、標準、望遠までのズーム全域で高い描写性能を発揮する。レンズの開放F値は広角側がF2.8、望遠側がF4.0。この明るさと、最高で12800まで設定可能なISO感度、さらには光学式手ブレ補正機構により、薄暗いシーンでも三脚を使用せずに手ブレを抑えて美しい静止画や動画を撮影できる。
構図や被写体の確認が簡単かつ確実にできるのも特長のひとつ。ファインダーには、236万ドットの有機EL電子ビューファインダーを採用し、新たに開発したこのファインダーでは、コントラスト比と色深度を向上させるともに、省電力化を達成。背面にはバリアングル式の3.0型タッチパネル液晶モニターも搭載している。


「ライカ V-LUX 5」は、「ライカ V-LUX」シリーズで初めて、アプリ「Leica FOTOS」に対応している。カメラ本体とスマートフォンをBluetooth接続でペアリングすることで、スマートフォンでカメラ本体の各種の設定を行ったりシャッターを切ったりするなどのリモート操作が可能に。また、撮影した静止画や動画を素早く簡単に転送することもできるため、編集やSNSでのシェアも手軽に行えるのだ。さらに、撮影した写真にスマートフォンからGPSによる位置情報を付与することも可能。こうした連携機能に加え、USB充電にも対応していることも特長のひとつとなっている。モバイルバッテリーなどのさまざまな機器とUSB接続して充電できるため、旅先でもバッテリー残量を気にせずに撮影を楽しめる優れものだ。 「ライカ V-LUX 5」は、ライカストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2019年7月下旬に発売予定。