Borisが追求するヘヴィさとは? エクストリームなポップサイド描く新作を語る

この作品を聴いて驚く人もいるかもしれない。Borisが6月26日にリリースしたシングル『tears e.p』は、彼らのエクストリームポップサイドが現れた非常にポップな作品なのだ。COALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI率いるSADESPERRECORDによる完全プロデュース音源「どうしてもあなたをゆるせない」、成田忍プロデュースでBorisがカバーしたCOALTAR OF THEDEEPERSの隠された名曲「To the Beach」、Wataのキュートなボーカルが彩るD-DAYのカバー曲「Peaches」に込められた意図とは? Vocal & DrumsのAtsuoに話を訊いた。

─Borisが2011年にリリースした『New Album』は、成田忍さんプロデュースのエクストリームポップな作品でした。そういう意味で、本作『tears e.p』と符合する点も多いのかなと思うんですけど、それは時代性なのか、Borisの活動周期なのか、どういったところでの共通項があるんでしょう?

Atsuo:自分たちの中には、実験的な部分と、ロックな部分、すごくポップな部分といろいろな側面があって。その中でも、ポップサイドというのはタイミングを逃すと全然リリース出来なかったりするんです。ポップな楽曲制作もすごく好きなんですけど、アルバムの内容にフィットしないとか、出し所がなかなか難しい。今回は、TRASH-UP!! からリリースするということになったので、レーベル・カラー的にもエクストリームなポップサイドを出したいという話をさせていただきました。実際、今作には『New Album』の直後に出来た曲もあります。リリース規模にもよりますが、発表のタイミングはなかなかバンドだけで決められないので、今回はいい機会でした。

─『New Album』リリースの際のインタビューで、普段ノイズを聴いている人からしたら、そのポップさがノイズに聴こえるということをおっしゃっていましたよね。

Atsuo:あの時はそういうコンセプト、問題提起、批評になりえる作品へとフォーカスしていきましたね。ボカロやアニソンの手法が熟成されてピークに向かって行く時代だったじゃないですか? ポストプロダクションのノウハウの蓄積、非常に記号的でコピー・アンド・ペーストで作られていくような音楽が増える中で、何がノイズなのか? という自分達なりの答えでした。今回のEPは、そういうコンセプト云々というより、活動の中で出会った人たちとの繋がりを軸にパッケージした感じです。成田さん、美子さん(川喜多美子)、NARASAKIさん、PEACE MUSICの中村さん、そしてTRASH-UP!!。

─なぜ今、それらのピースがガチッとハマったんでしょう。

Atsuo:今、TRASH-UP!!はアイドルにフォーカスしていて、成田さんは風男塾を手がけていらしたり。D-DAYは当時インディー界のアイドルとして扱われていたり、NARASAKIさんも、ももクロ、BABYMETALを始め様々な仕事をされていて。そういった方々との接点や引力に導かれている感じでしたね。いろいろな断片に導かれ、生まれた作品だと思います。


─アイドルも2011年当時から比べると、かなり細分化しました。シューゲイザーのアイドルだとか、エクスペリメントの感じだとか。Atsuoさんはアイドルのどのようなところに面白さを感じていらっしゃいますか?

Atsuo:いや、僕はアイドルには全然詳しくなくて。逆に”アイドル”として捉えて接しないように心がけています。会って、ライブを観て、こういうアーティストなんだ、そういう人なんだなという自分の実感を伴った捉え方と関わり方しかしたくない。”アイドル”と十把一絡げに批評めいたこともあまり言いたくないです。結局アーティスト同士っていうのはお互いの人生を認め合ったり肯定し合ったりしていく関係性だと思うんですね。こたおちゃんの撮影もね、元アイドルのモデルさんが来ますって伺っていて。初対面だったのですが、こたおちゃんと実際に話をして人柄もいろいろと知ることが出来て。本人は意図しなくても、場が彼女のオーラに巻き込まれて加速していく空気感とかは素晴らしかったですね。こたおちゃんとTRASH-UP!! がこれまで積み上げてきた関係性もあるとも感じましたね。いいコラボレーションでした。

─しかもMVは、Atsuoさんが編集をされているとのことで。

Atsuo:はい(笑)。Music Videoをどうしようかって話になった時に、ブックレット用の写真をたくさん撮っていたので、それを使おうというアイデアが出まして。『12モンキーズ』の元ネタになった『ラ・ジュテ』という静止画だけで作られているフランス映画があるんですけど、そのオマージュっぽい感じにしたいなって。その発想は良かったんですけど、結局自分で編集することになっちゃって(笑)。静止画を並べているだけでしょ? って思われるかもしれないんですけど、とても大変でした。配置しただけでは全く間が持たないんですね。結局アニメーションを作るのと同じような手法で細やかな表情を付けていきました。大変な作業でしたけど、こたおちゃんの朗らかな笑顔があったりとか、いい画がずっとあったので耐えられました(笑)。



─普段から動画編集はされるんですか?

Atsuo:前回のMVも自分で編集しました。学生の時は映像を専攻していたので、これまでのMVも大体ディレクションしています。Borisのメンバーは美大で出会った仲間ということもあって色々とD.I.Y.でやることが多いです。音、デザイン、映像なんでも作ることが好きなのでね。MVは当初は(TRASH-UP!!所属の)カイ先輩にディレクションして欲しかったんです。カイ先輩が編集したMVの印象が良くて。あちらはビデオのダメージ感で、こっちはフィルムのダメージ感。はっきりと世代の違いが出た作品になりましたね。





─映像、美術、音楽といった表現を始めた頃から、今に至るまでの根底にあるテーマは変わらないものなんでしょうか?

Atsuo:僕らは”ヘヴィ”というキーワードを取り憑かれるように使っているんですけど、自分達の中でヘヴィ=リアリティであり、希望へ向かう手段というか。作品作りは自分たちのドキュメンタリー映画を作っているような感覚です。Borisの作曲はそのときどきのジャムや即興を編集して”曲”という物語を作っていきます。だから、いつもドキュメンタリー性が濃くなってしまう。作品を作って、そこで初めて自分たちに対して客観的になれるというか。

─ドキュメンタリー映画も、編集が必ず入ってきますもんね。

Atsuo:ヘヴィさを追求して行くことでリアルな自分たちに出会える。自分達がこの世界でのたうち回って、主観も客観もないまぜになった作品がこの世界に旅立って行く。その景色を眺められた時に自分達がやるべきことや、進むべき方向が感じられるような気がします。

─そういう意味では、今作も成田さんやNARASAKIさんにプロデュースしてもらうことによっての変化は大きかったんでしょうか?



Atsuo:成田さんには「To the Beach」を触っていただいて、ナッキー(NARASAKI)さんには「どうしてもあなたをゆるせない」をお願いしたんですけど、最初にお渡ししたバンドで録音した状態とは全然違うものになりましたね。自分の子供達の服をコーディネートしてもらったような感じかな。未来への可能性がもっと増えたような、そんな作品ですね。



─世界をライブして回られているAtsuoさんから見て、受け手側の作品の受け取り方の変容を感じることはありますか。

Atsuo:音楽を聴くシステムが配信、サブスクリプションがメインになったり、聴き方/聴かせ方が変わっているんだから、感受性の有り方も変わって当然ですよね。そういうシステムの中でこその感受性の有り方も生まれていると思います。全ての情報がすごいスピードで通り過ぎて行く現代で、その瞬間瞬間に判断を強いられる。そういう時代では僕らみたいなイントロだけで3分もあるような楽曲の場合、全部聴かずに飛ばされることも起こりうる(笑)。状況的に自分達にマイナスなように見えますが、音楽ってそういう環境だけで聴かれているわけではないですよね。僕らのようにいろいろな国を回って、オーディエンスの前で大きな音を鳴らして体感して楽しんでもらう。こういう活動の仕方もある。そこで自分達の動員が増えていったり、求められていると感じる場面もどんどん増えてきているんです。



─Borisの動員が増えているきっかけや要因を、Atsuoさんはどう分析していますか?

Atsuo:その場でしか起こらないようなライブ制作をいつも心がけていて、それを観た心ある人が口伝てで広げてくれたりしているんじゃないかな。体験するということの面白さを。自分達の表現は、なかなかSNSやインターネットでは伝わらないんです。音の振動で体が震えたりするのって、YouTubeで観てもわからないじゃないですか。パソコンやスマホの画面では伝わらないことがあるということをみんなに知って欲しいですね。モニター画面で見聴きすること、その外側へ導いたり促したり、メディアや言論にそういう役割が求められてきていると思います。人がどこかに出かけて行ったり、出会ったりできるようなネットの使い方というか、ライターさんしかり、メディアの有り方が加速して欲しいですね。まあ、こういうやり方のバンドもいるよって少しでも知ってもらえたら。

─7月30日にZepp Tokyoで開催される〈大TRASH-UP!!まつり2019 AqbiRecといっしょ!〉のBorisのセット図を拝見させていただいたのですが、その機材の量に驚きました(笑)。

Atsuo:スタンダードなセットですよ? 多い時はもっと多いんです。

null

null



─そうなんですか!? Borisに1番合ったものへと少しずつカスタムされていっていったものが、今の機材リストなんですか。

Atsuo:そうですね。新しい音楽はやはり新しいシステム、独自のシステムで鳴ってますよね。古いヴィンテージの機材も使いながら新しいシステムを組んでいるので維持もまあ大変です。まず重いし、運ぶのが大変(笑)。壊れたら手に入らないものもあるし、チューブアンプとかいつも修理代めっちゃかかるから(笑)。それに比べて、この間SAKA-SAMAの定期公演行ったけど、ステージの上何もないから本当にすごいなと思う。みんな体だけでそこで立ってる。 バンドってなんて効率悪いんだろう(笑)。



─この前の取材も見学させていただいていたんですけど、Atsuoさんはバンドはもうおもしろくない、というニュアンスの発言もされていました。

Atsuo:またここでも十把一絡げに話すのは良くないと思うんですが、方法論が凝り固まっちゃって、そこから出ようとしていない人達は”バンドごっこ”に見えちゃうんです。例えば、MASONNAとかを観ると現代美術だなって思ったりもするんですけど。



Atsuo:バンドでありながらアートにも匹敵するぐらいのことが起こっていないとね。どんな形態であれ方法であれ、独自の力でもって人の心を振わせるような表現がされていないと。その辺は言葉が通じない色々な国を回って、オーディエンスの目の前で演奏してきたから、表現の強度について越えなきゃならないラインというものが意識にも、身体の中にもあります。ツアー先、フェス等で様々なバンドを観てきてますが、全てのバンドを否定しているわけではないです。もちろん良いバンドもいますよ。今回のように普段バンドものをリリースしていないTRASH-UP!! と組むのは非常に刺激になりますね。いつもとは違う方法論や風景が見えるのでね。

─そういう意味で考えると、〈大TRASH-UP!!まつり2019 AqbiRecといっしょ!〉では、Boris以外みんな楽器を持っていないので、バンドとしての勝負でもありますね。

Atsuo:すごく楽しみ! あの中で自分達の存在がどれだけ響くのか。

─アイドルばかり出演する中で、「ここにBorisも出演してほしい」という声が結構ありましたけど、まさか本当に実現するとは思ってもみませんでした。むしろ、Boris側から出たいということを話されたそうで。

Atsuo:せっかくTRASH-UP!! と組んでのリリースなので、やるなら徹底的にやらないとね。今僕らは共演できるバンドも数少ないし、イヴェントに呼ばれても、機材がステージに載らないという事情で出演が無理だったりするので、Zeppの会場で大きな音を出してライブをするのはすごく楽しみです。

─9月にはアルバム『LφVE & EVφL』のリリースも控えています。

Atsuo:「Third Man Records」(元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトのレーベル)からリリースします。そちらはこのEP以前に既に完成していたアルバムで、また今回とは違う感じの作品になっています。楽しみにしていてください。

(Photo by Miki Matsushima)
<リリース情報>



Boris
『tears e.p』

発売日:2019年6月26日(水)
定価:1800円+税
=収録曲=
1 どうしてもあなたをゆるせない -Sadesper Record Version-
2 u fu fu
3 To the Beach
4 Peaches
5 どうしてもあなたをゆるせない -Instrumental-

<イベント情報>



TRASH-UP!! 10th Anniversary
大TRASH-UP!!まつり 2019 AqbiRecといっしょ! 2019年7月30日(火)東京・Zepp DiverCity
時間:開場 16:30  開演 17:30
料金:前売 3500円 当日 4000円 出演:春野さ子、NILKLY、グーグールル、MIGMA SHELTER、
SAKA-SAMA、カイ、ATOMIC MINISTRY、おとといフライデー、Boris チケット:
各プレイガイドにて発売中
e +、ぴあ(Pコード153-992)、ローソンチケット(Lコード73006)
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1925012