映画「五億円のじんせい」初日舞台あいさつに登場した山田杏奈さん

 女優の山田杏奈さんが7月20日、東京都内で行われた映画「五億円のじんせい」(文晟豪監督)の初日舞台あいさつに登場。主演の望月歩さんとの現場でのコミュニケーションについて聞かれると「望月さん、そうですね……。私、めちゃめちゃ人見知りなので、全然話せないんです」と困り顔。望月さんも「僕もなんです。今も、まだまだ敬語で話しているくらいなんです」と撮影現場での様子を明かした。

 山田さんは、望月さんとの共演シーンの撮影が「1日くらいでしたっけ?」といい、「お互いに(人見知りなのを)感じ取りながら、共通の友達の話題とかを必死に話していました」と振り返った。望月さんもこの日、山田さんと会って「話しかけなきゃなと思っても、3往復くらいで話が止まっちゃって、この後どうしようという空気のままだったんですよ」と告白。「今、話せてうれしいです」とはにかんだものの、ステージ上でも「目が合わせられない。恥ずかしい」とお互いに困惑していた。

 映画は、映画「ソロモンの偽証」、連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)に出演した望月さんの初主演作。GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」で、約400本の中からグランプリを受賞した蛭田直美さんの脚本を、文監督が映画化。5億円の募金で心臓手術に成功した17歳の少年が、「5億円にふさわしい人間」という周囲からの期待や、マスコミの好奇の目にさらされ、SNSで自殺を宣言。見知らぬアカウントから「死ぬなら5億円返してから死ね」というメッセージが届き、5億円の「借金」を返して自由になるための旅に出る……というストーリー。