60年以上前に誕生した奇抜なスタイリングの1台が生まれるまで

これはリンカーンであるが、大多数が想像するであろう1950年代のリンカーンとは違う。カロッツェリア・ボアノがトリノ・モーターショーのために手掛けた1台だ。

1950年代、戦後のアメリカは戦車などを供給しており、国が潤っていた。仕事があるだけお金を生み、経済はますます活性化された。アメリカが元気一杯で豊かである中、ヨーロッパ、特にイギリスは国際競争力を失っていた。

第二次世界大戦の前、イタリアのスタイリングハウスは抜群のセンスを持つデザイナーとコーチビルダー集団のカロッツェリアとして確立していった。ヨーロッパが衰えていた1950年代には、カロッツェリアは巨大なアメリカ産業へ入り込んでいきたいと考えていた。アメリカのスタイリングには冒険心に溢れ、素晴らしいものもあったが、製造主たちはイタリアの技術をショーカーに取り入れたいと思っていたのだ。



クライスラーはギア、パッカードはベルトーネ、ハドソンはトゥーリングに終着した。シボレーはコルベットを発表したりと、派手なイベントで目立つ存在でいた。フォードはと言えば、相変わらず変わったスタイリングの車を発表していたのだが、それはヘンリー・フォードがユニークなヨーロッパ車を好んでいたためであった。そして、奇抜なスタイリングをすることで知られていたボアノをカロッツェリアとして付け、リンカーンより上をゆく1台を作るよう依頼した。その結果として生まれたのがこの"インディアナポリス"なのだ。

1955年、若き日のジャン・パオロ・ボアノは同じくデザイナーである父の後を追うようにキャリアを積んでいた。はじめはギアに所属し、その後はカロッツェリア・ボアノ・トリノへ移る。ジャン・パオロは少々やんちゃであったそうで、最大限に人生を楽しむことをポリシーにしていたという。「私は常に、熱中できるものと共に生きてきました。欲望はなんでも叶えたのです」というコメントも残っている。コンセプトカーを作れと要求されても、この若きイタリア人をひるませるものは何もなかった。



ことのはじまりはこうだ。ある日、フォードで働いていたボアノの友人が、リンカーンをベースにしてトリノ・モーターショーに出展するための車を作ってくれとカロッツェリア・ボアノに依頼した。その頃、ボアノは既に海外のクライアントを相手にすることに慣れていたため、快く受け入れたのだ。時は同じくして、ギアはクライスラーのショーカーを作ることで成功をおさめていた。

ボアノのショーカープロジェクトは"インディアナポリス"と名付けられ、大きなスケッチからはじめられていった。最終的に完成したスタイリングは、垂れ下がったノーズに大きなクロムバンパーを持った1台であった。白のホイールはウイングが半分かぶさり、ハードトップのルーフラインが低いことで洒落た雰囲気を醸し出している。



ボディカラーはオレンジに仕上げられ、ノーズにはリンカーンのバッヂ、フロントウイングにはチェッカーフラッグ、ハードトップには"Exclusive Study by Boano Torino"と刻まれている。

決して、美しいとかエレガントの部類には入らない車ではあるが、1955年の世界にとっては大きな衝撃となったに違いない。トリノに出展された後はアメリカのヘンリー・フォードのもとへ渡った。その後は俳優や、パッカードのコレクターであるトーマス・カーのもとで所有されていた。トーマスは完全なるオリジナルの姿に戻るようレストアを施し20年にも渡り大切にしていたそうだ。

ボアノはこの車を5ヶ月で完成させた。この時はあくまでもショーカーであり、車としての性能は劣るものがあった。しかし、徹底的なレストアをされ性能も完璧になった今となっては見た目も中身も素晴らしい車へと生まれ変わったのだ。