“バキ化”した丸山桂里奈のイラスト。

板垣恵介「刃牙」シリーズと、トークバラエティ番組「ダウンタウンDX」によるコラボ企画「芸能人バキ化プロジェクト」の第2弾として、丸山桂里奈を描いたイラストが公開された。

「ダウンタウンDX」を芸能人によるトークの“力”と“技“を真剣にぶつけ合う「話術闘技場(トークバトル・コロッセオ)」と見立て、さまざまな芸能人が闘技場に君臨する最強の巨人・ダウンタウンに立ち向かうという世界観で展開される「芸能人バキ化プロジェクト」。丸山の“バキ化”したビジュアルは、本日7月18日に放送された「ダウンタウンDX」内で披露された。

“バキ化”した丸山は元日本女子蹴球王で、現在は"ぶっちゃけ爆笑トーク"の使い手という設定。共演者を続々と“消力”状態に追い込み、爆笑をさらっていく。イラストについて丸山は「写真かと思うくらい私にして頂いていて、なおかつバキに私も出ていたんじゃないかと錯覚するくらいの仕上がりで本当にうれしいです」とコメントした。今後も、同プロジェクトの最新情報は公式サイトやTwitterで発表されていく。

(c)板垣恵介(秋田書店)1992『バキ道』 週刊少年チャンピオン連載