巨人の大城卓三(C)KYODO NEWS IMAGES

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人・大城卓三の打撃について語った。

 打撃力が買われ5番を打ってきた大城だったが、この日は『8番・捕手』で先発出場。3回の第1打席は、空振り三振に倒れ、前日から5打席連続三振となった。続く第2打席は一ゴロ、第3打席が四球、第4打席が犠打だった。

 江本氏は現状の大城について「ちょっと当てにいっているというか、体の開きが早いスイングになっていますよね」とコメント。

 「長いシーズンですから調子の悪いときもあるからね。その期間をどれだけ短くするかですから。今はちょっと悪いかもしれないですね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)