田中圭

ムロツヨシ・古田新太・田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第2話が、7月18日に放送される。

同作は人気小説家・福澤徹三の同名小説を原作に、映画『下衆の愛』や『獣道』の内田英治監督が手がけるバイオレンスとコメディと哀愁がたっぷり詰まったジェットコースタードラマ。冴えないサラリーマン・狛江光雄(ムロ)が、左遷同然の異動による単身赴任先で、会社員とヤクザの二重生活を送ることに。二人のヤクザに翻弄されながらも“I(自分)”を取り戻す姿をコミカルに描く。

第1話の放送後には、田中が演じる竜崎組の組長・竜崎剣司の“仕上がり”について、「最高のビジュアルでした」「眼力かっこよすぎて震えます」といった声がインターネット上であがっていた。第2話の予告動画では、竜崎が「返済できないなら指詰めてもらうしかねえな……」と狛江に凄む様子が映し出されている。

<あらすじ>
中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社へ――。妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。ある日、上司の高峰(相島一之)から大手百貨店の広告を受注しろという命令を受けた狛江は、部長の深町(木下隆行)を訪ね、接待のチャンスを得るが……。

一方、岩切(古田)からは組の仕事を押し付けられ、会社員とヤクザの多忙な二重生活がスタート。しかも、あっという間に500万の借金が!? そんな中、ヤクザとして美人ママ・麗香(黒木瞳)が経営するスナックのケツ持ちをする羽目に! 危険な任務の内容とは!?