畑岡奈紗選手 (C)GettyImages

 総勢144人のプレーヤーが2人1組で戦うストローク形式で行われる、LPGA第20戦の新規大会「ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナル」(米ミシガン州・ミッドランドCC)が、7月18日早朝(日本時間)に開幕し、日本からは畑岡奈紗選手と山口すず夏選手が、ペアで出場する、WOWOWでは第1日から最終日まで連日生中継。両選手は「優勝目指して頑張りたいです」と意気込みを語っている。

 ◇畑岡奈紗選手

 ――先週は久々のオフでしたが、どのように過ごしましたか?

 ずっと、練習していました。

 ――シーズン中にできないトレーニングをすると言っていましたが、どのようなトレーニングをしましたか?

 バーベルを使ったり、ウエートトレーニングをやりました。

 ――日本からトレーナーやコーチが来て、特に取り組んだことはありますか?

 もう1回、スイングチェックをやったり、4戦連続で、しっかりトレーニングができていなかったので、体作りをやりました。

 ――調子はどうですか?

 ショットもパットもイマイチですね。

 ――球が左右どちらかに出たりすることはありますか?

 両方ありますが、そこまで曲がり幅がひどいわけではなくて、逆球が出たり、打ちたいボールでなかったり、曲がらなかったりです。

 ――今週は新しいチーム戦ですが、コースの印象はどうですか?

 すごく歴史の古い印象のコースで、木が高く、曲げると大変だというのと、グリーンがポアナのようで、速さとタッチを合わせるのが難しそうです。

 ――15番から18番などティーショットが重要になるホールが多そうですが、キーになるホールはありますか?

 18番は池があるだけで、グリーンもフラットなので、あまり気にならないですが、14番あたりから難しくなってくると思います。

 ――山口選手には、偶数ホールは畑岡選手がティーショットを打つと聞きましたが、どのようにして決めたのでしょうか?

 すずちゃん(山口すず夏選手)が、今、あまり調子が良くないので、イメージの良いホールのティーショットを打ってもらおうと。どうしても2番ホールなどは右に行ってしまうと難しくなるので、そのあたりはうまくカバーできればよいと思います。

 ――昨日、オルタネイト(フォアサム)で練習したそうですが、どのあたりが重要になってきますか?

 交互に打つのですが、自分のショットに集中して、ミスをしたらとかはあまり考えずに、いつも通りにできたらよいと思います。

 ――ふたりで戦略など話されましたか?

 特には話してないですが、3番ホールのパー5は右に行ってはダメだとか、こう行った場合はレイアップしようとか、いろいろやりました。

 ――今週に向けて意気込みを。

 とりあえず予選を通過して、楽しんでプレーしたいと思います。

 ◇山口すず夏選手

 ――初めてのチーム戦と話していましたが、どのような気持ちですか?

 楽しみですね。

 ――少し早めにこちらに入ったと聞きましたが、コースの印象はどうですか?

 今までのコースと比べると、狭いホールが多いかなという印象で、パー70なのでパー5も少ないですし、そのパー5も短いわけではないので、取れるところでしっかりバーディーを取っていきたいです。

 ――畑岡選手とは練習ラウンドを一緒に回りましたか?

 はい、昨日(火曜日)、一緒に18ホール回りました。

 ――今週はチーム戦で、交互に打つオルタネイト(フォアサム)が、初日と3日目にありますが、練習ラウンドで試してみましたか?

 昨日、どちらが奇数ホール、偶数ホールを打つかをやって、私が結構曲げたのですが、その時は、次に何とか打てるところで収まって、いろいろやりました。

 ――パー5はどちらが打つなど、何か戦略はありますか?

 一応、交互に打たなくてはいけないのですが、パー5はどちらも私なので、しっかりフェアウエーをキープしたいです。

 ――グリーンのコンディションはどうですか?

 ポアナの芝が混ざっているので、少しグリーンは遅いです。昨日回っている時、雨は降っていなかったのですが、昼の3時ごろに大雨が降りました。グリーンは柔らかいです。

 ――前半と後半で(コースの)レイアウトが変わると聞きましたが、印象はどうですか?

 ドライバーを使わないティーショットが多いかなという感じです。ドッグレッグもありますし、短いパー4もあります。そうかと思えば、430ヤードぐらいの16番ホールは結構長くて、ここ2日間はずっと風がアゲインストで、今日は(2打目が)200ヤードぐらい残っていたので、そこは難しいと思いました。

 ――16番はどちらがティーショットを打つ予定ですか?

 奈紗ちゃんです。かっ飛ばしてもらいたいです(笑い)。

 ――連戦が続いていますが、調子はどうですか?

 よく分からないですね。パターはそれほど悪くなくて、全体的にまあまあで、ショットがたまに暴れてしまうので、ほんとにちょっとしたタイミングなのですが、それがなくなれば、良い球が打てるようになってきました。(ティーショットを)曲げてもパーは取れると思うので、思い切り振るしかないという感じです。

 ――チーム戦への意気込みを。

 心強い先輩がいるので、ふたりでいろいろ考えながら楽しんで、優勝目指して頑張りたいです。

 *……WOWOWでは「ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナル」を連日生中継。7月12日は午前5時半にWOWOWプライム、18日は午前5時、19日は午前5時半、20日は午前5時、21日は午前7時にそれぞれWOWOWライブで放送。