手島優、グラビア界の“マウンティング”「めっちゃある」 回避法は?
お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「サッポロビール presents 博多大吉 愛のスコールアワー」。7月11日(木)の放送では、グラビアアイドル・手島優さんと一緒にリスナーのお悩みに答えました。


手島優さん



リスナーの迷いや悩みを聞き、大吉が決断するコーナー「愛の決断アワー」。普段は「相談されるほう」という手島さんが、3人のリスナーのお悩みに答えます。

◆嫌な知人に“大人の対応”

「知人に、いつも人の文句ばかり言ってる人がいます。なんとか避けたいのですが、いつも曖昧に返しているのが気に入られているらしく、なかなか距離をとれません。バシッと大人の対応をしたいのですが、どうしたらいいでしょうか」(38歳 女性)

手島:そういう人って、ただ聞いてほしいだけだと思います。私だったら、「だよねぇ~!」って言う(笑)。

大吉:僕も、基本的に聞き流すよ。誰かの悪口を言われて、「でもあの人にはこんないいところも」って言う時間がもったいない。誰の、何の弁護を私はしとるんだっていう話になるから(笑)。「バシッと大人の対応をしたい」とあるけれど、白黒つけるのは大人の対応じゃないと思うな。

手島:わかります! 仏様もそうじゃないですか。

大吉:まったくたとえがわからない(笑)。

手島:仏様や神様って、めちゃめちゃお願いごとを言われるじゃないですか。でも、黙って聞いてくれて、みんなハッピーになって、「まぁ、ハッピーならいいか」って思ってくれてるんですよ! だから、自分は神様だと思って、「この人を助けてあげてる私、すごい!」って自分を褒めたりして。

大吉:僕も本当にそう思います。人助けだと思って、聞き流してあげてください。

◆インド帰りで“無敵状態”

「妹は、インドに1週間行っただけで『人生観が変わった』とか言いやがる典型的な“ペラ女”です。無理やり予定を詰め込み、忙しい自分に酔っている“質量ゼロ女”です! 先日、Alexa呼ばわりされたので、仕返しにシャンプーを少し水で薄めてやりました。どうすれば正攻法でギャフンと言わせられるでしょうか」(24歳 男性)

手島:ははは!

大吉:仲良い兄妹やね(笑)。シャンプー薄めるなんて可愛いじゃない(笑)。逆に妹さんにとってはお得。

手島:薄めたらいっぱい使えますからね!

大吉:手島さん、ご兄弟は?

手島:兄が2人います。一番上が5つ離れていて、真ん中が3つ離れています。でもケンカはしないです。お嫁さんとならありますけど……兄妹仲が良すぎて。嫉妬されるんです。

大吉:お兄さんが好きすぎてキャッキャと遊んでいると、ということね。

手島:はい。私が兄の弁護をすると「え? 何なの?」みたいになることも。だから……女性って強いんですよね。

大吉:強い。しかもインド帰りだもん(笑)。

手島:無敵状態ですよ!

大吉:あとまあ、勝ったら寂しいと思います。このままの関係でいてくださいよ。お兄ちゃんも、インドへ行ってみたら? 僕も2ヵ月行ったことがあって、本当に人生観変わったの。行ったほうがいいよ!

◆同い年のマウンティング上司

「職場に嫌味な上司がいるんですが、どうやってスルーしたらいいのでしょうか。その上司はマウンティング女子で、私と同い年なのにすごく上から目線です。うまく付き合っていく秘訣があれば知りたいです」(30歳 女性)

大吉:グラビアアイドルでも、ある? 「この写真集、バリで撮ったんだけど~」みたいな、明らかな自慢。

手島:めっちゃありますよ。だから、めっちゃリアルに(相談者さんの)情景が思い浮かびました。私の場合は、めっちゃ褒めるんですよ。「さすがだよね!」「やっぱり、そうだよね!」と下手に出ます。そうすると、まわりに悪く言ったりしないし、標的が変わることも。うまいこと転がしたら「なんかいい気になってらぁ~!」みたいな感じで(笑)、せいせいできます。

大吉:昭和の少年漫画みたいなセリフ(笑)。

手島:ふふふ。同じように戦ったり、いがみ合ったりしても何の解決にもならないですから!


<番組概要>
番組名:サッポロビール presents 博多大吉 愛のスコールアワー
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:博多大吉
アシスタント:古賀涼子(TOKYO FMアナウンサー)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hour/