7月8~13日の朝のワイドショーで最も長時間取り上げられたのは、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂による、くも膜下出血で死去したニュース。87歳だった。放送時間は計15時間3分13秒。テレビ番組・CM調査分析会社「エム・データ」の調べで明らかになった。

 次は、大麻を所持した罪に問われている「KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介被告と元女優の小嶺麗奈被告の初公判が11日に東京地方裁判所(東京都千代田区)で行われた話題で計1時間55分18秒。続いて、囲碁の最年少プロ・仲邑菫初段が8日、「第23期ドコモ杯女流棋聖戦」の予選で田中智恵子四段に勝利した話題で、放送時間は計51分44秒だった。

 調査対象は、期間中にNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放送された午前10時半までのワイドショーとニュース番組で、芸能に関連する話題の放送時間を集計した。

 エム・データは、東京、名古屋、大阪地区のテレビ局で放送された番組やCMを、専門スタッフが見て、テレビ番組やCMをテキスト化、データベース化して「TVメタデータ」を構築している。

 4位以下は次の通り。(敬称略)

4位 芸人闇営業問題 5位 映画「ライオン・キング」・ワールドプレミア&日本語吹替版声優発表イベント 6位 マライア・キャリーら「ボトルキャップチャレンジ」 7位 菅田将暉・CDアルバム「LOVE」発売記念イベント 8位 「24時間テレビ42」・制作発表記者会見 9位 深田恭子・東京ガス新CM発表会でラムちゃん風の衣装披露 10位 宮川大輔・「イッテQ」BPO問題に言及