令和初の仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」の主演・高橋文哉さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作が「仮面ライダーゼロワン」に決まり、主人公の飛電或人(ひでん・あると)を高橋文哉さんが務めることが7月17日、分かった。同日、東京都内で行われた「新仮面ライダー制作発表記者会見」で明らかにされた。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、「AI=人工知能」がテーマとなる。AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台。主人公はAI企業「飛電インテリジェンス」の社長となる青年・飛電或人。自社が開発したAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走。仮面ライダーゼロワンに変身し、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく。

 飛電或人(仮面ライダーゼロワン)を演じる高橋さんは2001年3月12日生まれ、埼玉県出身の18歳。2017年の「男子高生ミスターコン2017」でグランプリを受賞。2018年にバラエティー番組「得する人損する人」(日本テレビ系)の料理対決に出演し、イケメン料理男子として注目を集めると、インターネットテレビ局「AbemaTV」のオリジナル恋愛リアリティーショー「太陽とオオカミくんには騙(だま)されない」でも人気を博した。2019年1月から集英社のウェブメディア「よみタイ」上で料理連載「ぼくの毎日ごはん」を展開している。仮面ライダーの主演としては“初の21世紀生まれ”となる。

 この日の会見で、高橋さんは「最初の感情として驚きが一番大きくて、台本を渡されても実感なかったです。アクションをしたり、仮面ライダーという言葉を使うことによって、だんだん実感が湧いてきました」と喜びを語りながらも「ここ(会見)でもっと実感すると思っていたけど、それよりも緊張が……。心臓の音が聞こえるぐらい緊張しています」とガチガチな表情も見せていた。

 また変身ポーズも生披露し、「(自己採点は)150点です。気持ちよくやらせていただきました」と笑顔を見せた。

 テレビ朝日系で9月1日から毎週日曜午前9時に放送。