【動物病院の院長が教える】キャットタワーのおすすめ9選と選び方

【この記事のエキスパート】

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院を2006年に開業。得意分野は皮膚病です。2019年4月より皮膚科と内科中心の病院を目指していきます。飼い主さまのお話をしっかり伺い、飼い主さまと協力し合いながら治療を進めていくように心がけています。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。


猫の生活を快適にサポートしてくれるキャットタワーは、さまざま種類が販売されており、選び方がよくわからない方もいるのではないでしょうか。この記事ではふくふく動物病院の院長である平松育子さんへ取材をし、失敗しないキャットタワー選びのポイントとおすすめのキャットタワーを教えて頂きました。ぜひ参考にしてみてください。

動物病院の院長が教えるキャットタワーの選び方

ふくふく動物病院の院長である平松育子さんに、キャットタワーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

倒れたら危険! まずは安定感を確認

【エキスパートのコメント】

「高いところから見下ろしたい」「登りたい」というような猫たちの欲求を満たしてるアイテムでもあります。軽いキャットタワーは不安定で、接地面が小さいと衝撃で倒れる恐れもあり危険です。接地面が広く重量があるキャットタワーを選ぶとよいでしょう。

アイリスオーヤマ『インテリアキャットランド』:

出典:Amazon

倒れにくい家具のようなキャットタワー。安心して遊ばせることができますね。

猫のライフステージや体格にあった大きさのタワーを

【エキスパートのコメント】

キャットタワーには、背の高いもの、横の広がりがあるもの、無理なく登り降りできる低いものなど、さまざまな大きさがあります。それをふまえ、猫たちのライフステージや体重に合わせて、選んであげることが大切。子猫や高齢猫には高さのあるものは向かないですが、元気はつらつの子には高いだけでなく、横へ移動できるものもストレス発散によいでしょう。ずっと同じものではなく、年齢や体格に合わせることが重要です。

お部屋のスタイルにマッチする種類のキャットタワーを

【エキスパートのコメント】

種類も、天井から床まで届く突っ張りタイプ、途中に棚が設けられているタイプ、登り棒のようになっているタイプなど、キャットタワーは多種多様です。床面積が広くないお部屋の場合には、突っ張りタイプが便利。外れないようにしっかり取りつければ、倒れる心配はありません。

また猫たちは、途中から飛び降りることが多いので、キャットタワーの周辺には危ないものを置かないように気をつけましょう。カーテンのそばに設置すると飛び移ることもあるので、離れた場所に置くことをおすすめします。

オットースタイル『木登りキャットポール』:

出典:Amazon

シンプルな突っ張りタイプのタワーは、根強い人気があります。

猫が踏み外さないよう、棚板の広さや材質も要確認

【エキスパートのコメント】

棚板の幅や奥行き、材質もしっかりと確認を。猫たちは、器用に着地するので大丈夫と思われがちですが、つるつるの棚板だと、滑って足を踏み外す可能性があります。また、幅は狭すぎても登り降りしにくいものです。デザインも大切ですが、キャットタワーを購入するときには、こういった棚板の大きさにも注目しましょう。

必要な棚板のサイズは、猫の体格や年齢によって変わります。子猫や若い猫の場合は少し狭いものでも大丈夫。高齢猫や体格のよい猫の場合は広めのものを選んでください。

ここもチェック! キャットタワーを選ぶポイント

ふくふく動物病院の院長、平松育子先生に教えていただいた選び方のポイントのほかにも、いくつかポイントをご紹介します。あなたと愛猫にとってぴったりのキャットタワーをぜひみつけてくださいね!

爪とぎ、ハンモック、小部屋……付属品を確認する

シンプルな商品は、キャットタワー自体を支えるための柱と、棚板のみです。しかし、なかには柱が爪とぎになっていたり、猫が乗ってくつろげるハンモックがついていたりと、付属品が多くついているものも。また、隠れ家にもなる小部屋がついていると、自分だけの場所ができることで喜んでもらえるかもしれません。

それらを考え、「うちの子は人の膝の上にいるのが好きだから、小部屋はいらないかも」「そろそろ爪とぎを新調したかったからセットになっているものがよい」など、猫の性格や付属品の充実具合を考慮してみるとよいでしょう。

ブランドで選ぶ

どこのブランドかわからないような商品は、キャットタワーの安全性が心配な面も。例えば、価格が安くとも、安定感のないものや起毛素材の抜け落ちがひどく猫が飲み込んでしまう、塗料のにおいが強く猫が寄りつかないなどの恐れがないとはいえません。

猫グッズの専門ブランドの商品であれば、それまで培ってきた知識や経験をもとに製作されているため、そのような心配は少ないでしょう。

ランニングコスト、コストパフォーマンスを考える

キャットタワーは、数千円で買えるシンプルなものから1万円前後ほどの高性能なものまで数多く販売されています。自宅の環境や、猫に合わない商品だったからといっても、再購入のコストや処分の手間などを考えるとかんたんに買い替えたりすることができないこともあるでしょう。

消耗したパーツの交換、必要な機能の追加、クリーニンググッズなどのメンテナンス費用も想定して、自身のお財布や環境に優しい商品を選びましょう。

起毛素材、プラスチック、段ボール……素材で選ぶ

キャットタワーの多くは起毛素材で、滑りにくくなっています。しかしインテリアとして特化した商品の中には、床がつるつるとした素材でできているものも。若い猫だと、元気よく動いて、足を滑らせてケガをすることもあるので、安全面を考えると起毛素材を使用したものが適切です。

もし飼っている猫に吐き癖がある場合は、起毛素材では汚れが落としにくく不衛生になる場合があります。ほかにもキャットタワー自体がプラスチックでできていて、洗うことができるものや、段ボール製のものなど素材にもそれぞれ違いや特色があるので、しっかりチェックしておきたいところです。

組み立てのしやすさで選ぶ

キャットタワーは、「箱から出せばそのまま使える」という完成品の状態で送られてくることはほとんどありません。組み立て方が複雑だと、安定性に欠けてしまうかもしれません。また、特殊な工具が必要なものでは余計な出費がかかることに。コストや手間を考えても、組み立てがかんたんなキャットタワーがいいでしょう。

メンテナンス性(手入れのしやすさ)で選ぶ

つねに衛生的かつ安全なキャットタワーを維持するうえで、メンテナンスは大切です。例えば、メンテナンスの際に、小部屋の入り口が狭く腕が入らない場合、掃除が難しく苦労することになります。交換部品の販売がない場合は、キャットタワーを丸ごと買い替える必要も出てきます。

丸ごと水洗いするのが難しいとしても、衛生面を考えると定期的に抜け毛などの掃除をしてあげたいところ。不衛生のせいで大事な猫が病気になったりしないよう、メンテナンスしやすい商品を選んでみてください。

移動のしやすさで選ぶ

飼っている猫の大きさも考慮し、キャットタワー内が移動しやすいデザインになっているかを考えてあげましょう。柱と柱の間隔が狭いと動きにくくなるため、猫たちにあまり使ってもらえないかもしれませんし、ケガをするおそれがあります。

また、加齢による運動能力の低下の可能性も考えてあげましょう。若い猫であればジャンプも容易ですが、高齢になると難しくなります。そのような場合、階段がついているものを選んでみてください。移動がしやすく快適に遊べるキャットタワーなら、その分、ケガのリスクも減ります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)