極悪非道なレイプ犯に「将来の可能性」はあるのか? 判事の裁定めぐる不条理

1989年、米ニュージャージー州グレンリッジのアメフト部の選手らが、仲間の自宅の地下室で17歳の少女をレイプした。

少女は知的障害者で、IQは64程度だったとのちに伝えられた。少年たちは少女の口と膣に挿入したあと、ワセリンを塗ったビニール袋で箒の柄や野球バットをくるんで、それも挿入した。仲間の一人がもうやめようと言ったが、無視された。少年たちは誰にも口外しないよう少女に念を押し、出て行けと言った。教師がたまたま少年の1人の会話を耳にしたのがきっかけで、ようやく事件は警察に通報された。その少年は別の生徒に、少女を丸めこんでこの先も何度かヤって、次はビデオに録るつもりだ、と豪語していた。

1993年、集団レイプに加担していた3人の「若き性犯罪者」らは最高15年の禁固刑を言い渡された。だが、彼らは罪に問われるべきだ、起訴は当然だ、と考える住民は多くなかった。ジャーナリストのバーナード・レフコウィッツ氏は著書『Our Guys』の中で、白人中流家庭が大多数を占める街の住民らがすぐに少年の擁護に回った経緯を記した。

子供を持つ親の多くは10代の少女が少年たちをそそのかしたのだと責め、チアリーダーは卒業式に黄色いリボンをつけて被告の少年たちを支持した。裁判所を後にするグレンリッジの選手らの当時の写真には、いかにも甘やかされた白人中流家庭の少年たちが写っている。住民の間では、性犯罪者として名前を公表された少年たちは何もかも失ってしまう、害のないおふざけに対して高い代償を払うのはおかしい、という意見が圧倒的大多数を占めていた。だって彼らは「私たちの仲間(our guy)」なのよ。愛くるしい女子高生たちは彼らをこう呼び、手料理をもって少年たちの自宅に押しかけた。

今日、グレンリッジのレイプ事件はWikipediaの記録に眠ったままだ。引き合いに出されることがあったとしても、ほとんどの場合は、社会がレイプ被害者の女性に対する待遇という点でどれほど進化したかを表すためだ。いわば、バックミラー越しに後ろを振り返って、ずいぶん遠くまで来たもんだ、あれからずいぶん成長したな、と労をねぎらう類のものだ。だが、グレンリッジのレイプ事件を掘り起こす真の理由は、実のところそれほど遠くまで来たわけではない、ということだ。

先月、グレンリッジから南へ1時間ほどの場所にあるニュージャージー州モンマス郡で、性的暴行罪に問われている16歳の少年を成人として起訴するという検察側の申し立てをジェームズ・トロイアーノ判事が却下した。少年は、酩酊した16歳の少女とセックスしている様子を動画に収めていた。少女はまっすぐ立つこともできず、ろれつが回らなくなっていて、カメラが回り始めるや嘔吐した。翌朝目が覚めると全身あざだらけだった。後日、少年は友人たちに動画を送信。「初体験がレイプだった場合」という文章が付けられていた。


判事の裁定に批判が殺到、罷免を求める署名活動も

ニュージャージー州の法律では、重罪の場合は15歳から成人として起訴されるが、トロイアーノ判事はこれを却下。2時間近くも裁定を読み上げ、少年の起訴に対し法律を最大限に適用しないという自らの判断の理由として、彼の学校での成績や恵まれた経歴を挙げた。「彼には明らかに大学進学、それも一流の大学に進学する可能性があります」と言って、トロイアーノ判事はさらに、検察側は少年への起訴・不起訴を検討する際、レイプ被害者に――判事の言葉を借りれば、「本件では、被害者とみられる女性、と呼びましょう」――彼の将来の可能性を考慮すべきだと勧告するよう、判事に申し立てをするべきだったと付け加えた。

トロイアーノ判事の裁定は問題をはらんでいたため、しまいには控訴裁判所は14ページにわたる抗議状で被告人に温情をかけたとして判事を非難した。ニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、現在Change.orgというサイトでは判事の罷免を求める署名活動が行われており、裁定に関するマスコミ報道がきっかけで判事や家族宛てに脅迫状が送られているそうだ。だが、性的暴行事件で判事が被害者の福利よりも、被告の福利を優先させた例は今回に限らない。

元スタンフォード大学の水泳選手、ブロック・ターナーの事件でも似たような議論が持ち上がった。彼は意識不明の女性をゴミ捨て場でレイプしたが、下された判決は懲役6カ月だった。判決を言い渡したアーロン・パースキー判事は、ターナーが「他の人々には脅威とはならない」という事実と、「服役が本人に深刻な影響を及ぼすのではないか」という懸念を理由に、自らの減軽判断を正当化した(パースキー判事はのちに、激怒したカリフォルニア州の有権者から罷免された)。

同じように昨年、複数の女子学生に対する性的暴行、ストーカー行為の罪に問われていたアレック・クックに対し、スティーヴン・エルキー判事は過去に犯罪歴がないのを理由に、わずか3年の禁固刑を言い渡した。エルキー判事は法廷で被害者の一人にこう語りかけた。「どうか、思いやりを持ち続けてください――申し訳ありません――どうか前向きに」


被害者より被告の福利が優先される背景とは?

これらの事件をひもとくと、ひとつのパターンが浮かび上がってくる。被告はたいてい年が若い。そして多くの場合、白人だ。これはエルキー判事の判決で特に顕著になった。ある黒人政治家が指摘しているように、判事はクック裁判以前、16歳の黒人の少年に懲役20年を言い渡しているのだ。また彼らはたいてい中流家庭の出身で育ちが良く、(これまた白人で、男性で、育ちのいい)判事が若かりし自分の姿を重ねたとしてもおかしくない。だが、減軽を正当化する理由として、判事らがこうした点を列挙することはほとんどない。

代わりに、被告が初犯だとか、成績優秀だとか、地域のボランティア活動に参加していたとか言う。長く刑務所に服役させてしまうと若きジェントルマンの繊細な資質に悪影響が及びかねないと懸念を口にし、暴行を受けたトラウマから立ち直るという重荷は原告に負わせ、どうか思いやりを忘れずに、気を強く持って、前向きにいてください、などと言葉をかける。挙句の果てには、被告の可能性を守ってやりたいとのたまう。

グレンリッジのアメフト部の選手や、ターナーや、トロイアーノ判事の裁判の16歳の被告人が、「可能性」を秘めた若い男性だという考えは魅力的ではある。酩酊した少女とのセックスを動画に収め、友人にレイプを自慢するような若い男性に、他の若い女性を傷つける以外どんな可能性があるのか、疑問視する人もいるだろう。野球バットをビニール袋とワセリンで保護することには気が回るのに、それを使って知的障害を持つ少女を犯す若い男性には、より過激な性犯罪に手を染める以外にどんな将来が待っているのだろう。痛ましい性的暴行の被害者となった若い女性の将来よりも優先された若い男の将来が、どれほど偉大で、どれほどか弱く、守るに値するのだろう。

もし被害者の女性たちがあの当時、自分の幸福や将来が自分を襲った犯人の将来よりも劣ると言われていなかったら、今頃どんな将来を送っていただろう。品行方正な少年の可能性とやらに、いかほどの価値があるのか。彼が傷つけた若い女性の将来を踏みにじっていることは明白だというのに。


グレンリッジ事件の被告たちの今

16歳の加害者の評判を保護するというトロイアーノ判事の願いは叶えられた。加害者の名前はいまも公表されていない。彼はこの先も、未来の雇用主や恋人が彼の名前をググって検索結果に恐怖でおののき、一体どうしてこんないい人がこんな恐ろしいことをやってのけたのかしら、と首をかしげるような場面に遭遇することはない。

だが、グレンリッジの少年たちにはこうした幸運は訪れなかった。彼らの名前は公的記録にしっかり残され、彼らの犯罪は今後一生自分たちについて回る。3人の少年――ケビン・シャーザーとカイル・シャーザーの双子の兄弟、クリストファー・アーチャー――は第1級加重性的暴行で有罪判決を受け、最高15年の懲役を言い渡された(最終的にはその半分しか服役しなかったが)。被害者が思いを寄せていたとみられる4人目の加害者ブライアン・グローバーは、他の少年たちにそそのかされて彼女を地下室へおびき寄せるおとり役を務めたが、共謀罪1件で有罪判決を下された。

刑の一環として、シャーザー兄弟とアーチャーは州の性犯罪者データベースへの登録が義務付けられた。彼らの氏名と顔写真はネット上で簡単に見つけられる。物憂げな、しわの寄った無精ひげの顔は、1989年に法廷から出てきた当時のこざっぱりした白人好青年とは程遠い。当時の写真と、今やすっかりオジサン化したグレンリッジのレイプ犯の顔写真を見比べて、苦労の跡や失われた可能性に思いをはせる人もいるかもしれない。


ケビン・シャーザーと双子のカイル・シャーザー(22歳)、ブライアン・グローバー(21歳)、写真左に一部隠れているのがクリストファー・アーチャー(21歳) シャーザー兄弟とアーチャーは第1級加重暴行で有罪、グローバーは第3級共謀罪で有罪(Photo by AP Photo/Dan Hulshizer)

だが、もしグレンリッジ事件から何か学ぶことがあるとすれば、それはおそらくこの少年たち――知的障害の少女をバットで犯したと豪語したのみならず、悪びれる様子もなく、犯行を繰り返そうとしていた少年たち――彼らのようなその他の少年は、そもそも初めから大した可能性を持ち合わせていなかった、ということかもしれない。