● 全セ 3 - 6 全パ ○
<第1戦 東京ドーム>

 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オールスターゲーム第1戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人・岡本和真の打撃を心配した。

 セ・リーグの『6番・三塁』で先発出場した岡本は、2回の第1打席、パ・リーグの先発・千賀滉大(ソフトバンク)が投じた外角のカットボールにハーフスイングし三振に倒れた。

 江本氏は「バッティングは今、状態が悪いですね。(最初の空振りに)あんなボールを振っているようじゃ、見えていないということ」と指摘。

 4回無死一、二塁で迎えた第2打席は、2番手・有原航平(日本ハム)の外角ストレートに手を出すも、最悪のショートゴロダブルプレー。江本氏は「シーズン中と同じように、体が上下動するというか、バットが波を打っていますよね」と話した。

 岡本は7回の第3打席も、ショートゴロに倒れ、この日は3打数0安打だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)