女子向け【デジタルカメラ】のおすすめ5選|プロ写真家が選ぶ厳選商品!

【この記事のエキスパート】

フォトグラファー:林 孝典

フォトグラファー:林 孝典

VANTANデザイン研究所卒業後、カメラアシスタントを経て独立。

都内にスタジオも構える。撮影分野は、主に芸能人や音楽アーティストをはじめとした著名人。また、ファッションブランドや、広告デザインなどの撮影も行っている。

定期的に撮影している媒体は、ライブドアニュースやBRUTUS、filmagaなどの専門媒体など。


カメラ女子に憧れる人、スマホだけじゃなくカメラで写真を撮ってみたい人におすすめのデジカメを、プロの写真家に聞いてみました。キヤノン、ニコンなど、どのメーカーの商品も基本的には使いやすいものが多いですが、初めて買う場合はどこを見たらいいのか、ということも多いでしょう。女子向け写真講座の講師としても活躍されている林 孝典さんが、女性がデジタルカメラを選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介します。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

女子向けデジカメの選び方|プロ写真家が解説

プロ写真家である林 孝典さんに、女性がデジカメを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

小ささと軽さはカメラを選ぶ上で最優先

【エキスパートのコメント】

はじめてのデジカメ購入をするのであれば、画質や機能よりも「軽さ」が大事。まずはカメラを持ち歩き、たくさん撮影してみることが上達の第一歩です。

最初から重たい一眼レフを毎日持ち歩くというのは、ある意味過酷。携帯性が高く、女性でも持ちやすいコンパクトで軽いモデルを選ぶのがおすすめです。イメージとしては500g前後(レンズの重さを除く)のデジカメが最初にもつのにふさわしいのではないでしょうか。

パナソニック『ルミックス GF9 ダブルズームレンズキット』:

出典:Amazon

自撮り機能が充実しており、夜景をバックに自撮りしても美しく撮影される機能や、美肌・スリムモードなどを搭載しています。

プロ風写真を撮りたいならボケ感を出してみる

【エキスパートのコメント】

人物や風景を撮影した際にボケ感というものがあるだけで、プロが撮影した風の写真を撮影することができます。カメラ用語は、はじめて触れる人には難解なものが多いです。

そのなかでもボケた写真が撮影したいのであれば「F値(エフち)」と呼ばれる数字が小さいレンズとセットにできたり、内蔵レンズが小さい値のものを選ぶと明るくボケる写真が撮影できます。

エフェクト機能を使って特別感を出してみる

【エキスパートのコメント】

暖色を濃くしたり、セピア色の撮影や、ミニチュア風撮影など特別なエフェクト機能が多いカメラを選ぶと、個性的な作品作りにつながります。

とくにHDR撮影や、モノクロ撮影はおすすめです。パッと撮影するだけでもスマホでは撮れない本格的っぽい写真になりますよ!

キヤノン『EOS M100 ダブルレンズキット』:

出典:Amazon

BluetoothとWi-Fiを通じて写真や動画をかんたんにスマホと共有可能! 女子にはうれしい機能ですね。

自撮りを楽しむなら可変型モニター付きを選ぶ

【エキスパートのコメント】

自撮りを楽しみたいという女性は多いことでしょう。でも、デジカメだと自撮りができないと思っていませんか? 最新のカメラの一部は液晶がレンズ側に稼働し撮影が可能です。チルト液晶やバリアングル液晶が搭載されているモデルであれば、基本的に前面から映像をみることができます。

あわせてタッチパネルで撮影やピント合わせができるモデルだとより撮影がはかどりますよ!

本格的な撮影にはダブルズームレンズキットを

【エキスパートのコメント】

各社、レンズ交換式カメラを販売していますが、なかでもダブルズームレンズキットと呼ばれるモデルがおすすめです。

これは、元から基本のレンズが2本セットとなっているというもの。後から買い足すと割高になるので注意が必要です。ちなみに、3本目のレンズは基本と異なる単焦点レンズか、コスパのよい望遠レンズがおすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)