30代向けメンズ【チノパン】おすすめ商品7選|ファッション誌編集者が選び方を解説

【この記事のエキスパート】

ファッション雑誌編集者:和洲 太郎

ファッション雑誌編集者:和洲 太郎

慶應義塾大学SFC卒業。GQ、Safari、Penなどでファッションを紹介するフリーの編集者。

美しく、意匠が伝わるファッションを好み、国内外の新作情報を伝える。読者目線でファッションを選ぶ楽しさや、数多あるアイテムの中からドンズバ!な1着をお伝えしていきたい。


チノパンといえば、昔はカジュアルファッションの代表のようなアイテムでしたが、今ではビジネスシーンでも活躍する定番に。でも、はき慣れないうちはどのブランドのものでも同じに見えてしまいがち。そこで、チノパン選びのポイントをファッション雑誌編集者の和洲太郎さんに教えてもらいました。おすすめ商品も合わせて紹介しますので、困ったときの参考にしてみてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

30代メンズチノパンの選び方|ファッション誌編集者が解説

ファッション雑誌で長年編集者をされている和洲太郎さんに、30代向けメンズチノパンを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

スリムできれいめなシルエットが大人向き

【エキスパートのコメント】

大人の男性がはく場合、ワイドタイプのものは場合によってだらしなく見えることがあります。体にフィットするスタイリッシュな形のものか、ストレッチ生地なものを選ぶことで、上品な着こなしができます。

とくにジャケットと合わせるときは、細身でタイトなシルエットだとバランスよく見えますよ。

モノマート『美シルエットストレッチチノパン』:

出典:Amazon

ストレッチの効いたチノパン。脚を細く見せるシルエットで、長さやスタイルが好印象に。いつものレパートリーに据えたい1枚。

着回ししやすいカラーを選ぼう

【エキスパートのコメント】

チノパンは色展開豊富な商品が多く販売されていますので、目移りしがち。1本目や2本目のチノパンを選ぶときは、無難なベージュ一択です。着回しに使える色ですので、今持っている服ともコーディネートしやすいというメリットがあります。

ブラックやブラウンなどの濃いめの色は、実用性のある1本目を購入した後がおすすめです。

布地はストレッチ素材がおすすめ

【エキスパートのコメント】

ぴったりと体にフィットするものなので、ある程度伸縮性がなければ動きにくさや窮屈さを感じやすくなります。ゆとりを取り過ぎないデザインが好まれる半面、着心地が悪いとアイテムの使い勝手が低下しがち。

そこでおすすめは「1本目はストレッチ素材」を選ぶということ。ストレッチ素材であれば、少しの体形変化であれば対応してくれますし、分散してくれるので生地の破けも減ります。

ヘインズ『ストレッチチノパン』:

出典:Yahoo!ショッピング

シンプルなカテゴリーのチノパン。ピッタリとしたはき方でも、脚をホールドしすぎない。動きやすさとシルエット両方をこだわる人に。

少し短めの丈ですっきりとした上品な印象に

【エキスパートのコメント】

キレイめでスタイリッシュな着方をしたいのであれば、裾丈の長さにも気を配りましょう。ピタリの丈よりも、少し短めとすると足元がすっきりとします。少し靴下が見えても構わないので、なるべく丈は短くしましょう。

丈を長くしすぎると、足元でだぼつき地面の汚れに接触することも。シルエットを台無しにしないためにも、裾丈の長さは要注意です!

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)