【本格キットや既製品も】リングピローのおすすめ6選|ルームコーディネーターに聞く

【この記事のエキスパート】

整理収納コンサルタント/ルームコーディネーター:瀧本 真奈美

整理収納コンサルタント/ルームコーディネーター:瀧本 真奈美

暮らしにまつわるあらゆるサービスを行う「クラシング」代表。

整理収納コンサルタント、ルームコーディネーター、片づけ遊び指導士として全国で活動中。

活動内容にはセミナー講師、プロモーション動画やTV出演、物件スタイリング、フォトスタイリング、ワークショップ講師、イベント企画、コラム執筆、インフルエンサー、雑貨店経営などがある。

2012年から始めたインテリアブログからメディア露出が増え2015年より現在の活動へ。「NHKあさイチ」「はなまるマーケット」などにTV出演、地元局の番組レギュラーも務めた経験あり。

リメイク本、収納本などの書籍3冊を出版。第2弾書籍は発行3万部を超え、インテリア誌、情報誌へは100冊を超える掲載実績がある。SNS総フォロワーは13万人を超えている。

2人の子供はすでに独立しており、現在夫と2人暮らし。来春小学生になる孫を含め4人の孫がいる。


リングピローは結婚式の指輪交換に使用するブライダルアイテムです。小さくても重要なアイテムになるため、こだわって選びたいと思っている女性は多いはず。素材やデザインをはじめ、既製品や手作りキットなどたくさんの商品があるので、そのなかから選ぶのはたいへんですよね。そこでこの記事では、ルームコーディネーターの瀧本真奈美さんへの取材をもとに、リングピローの選び方とおすすめ商品を6つ紹介します。結婚式を控えている方、ブライダルアイテムにこだわりのある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リングピローの選び方|瀧本真奈美さんに聞く4つのポイント

ルームコーディネーターの瀧本真奈美さんに、リングピローを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

「既製品」か「手作りキット」かで選ぶ

【エキスパートのコメント】

リングピローには既製品と手作りを楽しむキットタイプの2種類があります。日々忙しくて時間がない方、高い完成度を求める方、手作りが苦手な方などは既製品を選ぶといいでしょう。一方、近年はウェディングDIYも人気です。自分たちの晴れの日のために手作りしたい花嫁さんも多いのではないでしょうか。

手作りのメリットは、気持ちが込められる、アレンジも可能なのでオリジナル感が出る、作る時間も楽しめることなどです。ていねいな作成手順の説明がついているものもあるので、チャレンジしてみるのも思い出となっていいかもしれません。

ヒトミプロデュース 『ローズのリングピロー シャンパンゴールド手作りキットセット』:

出典:Amazon

制作に必要な糸やクラフトボンドなどの副資材もセットになっている手作りキットなら、気軽に作ることができます。

素材やカラーで選ぶ

【エキスパートのコメント】

ウェディングといえば、ウェディングドレスに多く使われるチュールやサテン、レースやパールなど、かわいらしくエレガントなイメージを連想します。そのような王道タイプのリングピローはもちろん、ガラスや木製のものなどまったく異なるイメージのものもあります。ガラスや木も合わせやすい素材ですので好みで選んでみましょう。

色は白が王道ですが、ピンクやブルーなどのカラーも人気です。当日の会場のカラーやドレスの雰囲気に合わせて選ぶのもいいでしょう。

和風・洋風などテイストで選ぶ

【エキスパートのコメント】

リングピローの多くは、レースやチュールをふんだんに使った洋装タイプのものです。神前式や和装婚の場合には、やはり桐箱に入っているものや、ちりめん素材や水引を思わせるようなリボン使いの和のテイストのものを選ぶといいでしょう。

また、屋外での挙式やレストランウェディングなどのカジュアル感がある場合には、グリーンモス(こけ)や木の実を使った森のようなイメージのものを選んでも。迷った場合には、どんなスタイルのウェディングにも合わせやすいガラスなどを選んでもいいでしょう。

hugge bridal『和風リングピロー 菊友禅』:

出典:Amazon

桐箱入りのリングピローは、和装婚にぴったり! 結婚式が終わったらふたを閉めて保管もできます。

挙式後にも飾れるかどうかで選ぶ

【エキスパートのコメント】

指輪交換のためだけに選ぶ場合には、どんなサイズのものでも、どんなカラー、形のものでもOKです。しかし、挙式後も長く部屋に飾りたい場合は、やはりシンプルでインテリアに合わせやすいもの、置き場所を取らないものを選ぶ必要があります。

また、保管を考える場合にも引き出しや、収納スペースで場所を取り過ぎないコンパクトなものを選ぶと結婚式が終わったあとも困ることがありません。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)