【毎日頑張る目元に】目元ケア家電のおすすめ5選|家電ジャーナリストに取材

【この記事のエキスパート】

IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。

日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。

デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。

KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。


パソコンを使う仕事をしていたり、頻繁にスマートフォンを見るなどして毎日目を酷使していると、気づかないうちに疲れがたまっていくもの。疲れた目を温めたりマッサージしたりしてリラックスさせてくれるのが目元ケア家電です。ここでは、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材をもとに、目元ケア家電をどのように選んだらいいか、選ぶポイントを解説し、おすすめ商品を紹介していきます。目の疲れを自覚している方、目元が気になる方はぜひ参考にしてください。プレゼントにもよろこばれると思いますよ。

目元ケア家電を選ぶときはここをチェック! IT・家電ジャーナリストに聞きました

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、目元ケア家電を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。目元ケア家電にはさまざまな機種があり、それぞれ得意な機能が違っています。どういう機種が自分に合っているか、ここで解説することを商品を選ぶ際の参考にしてください。

搭載している機能をチェック

【エキスパートのコメント】

目元ケア家電といっても、ヒーターで目のまわりを温めてくれるものから、スチームでうるおいをもたらしてくれるもの、エアーやバイブレーションなどでマッサージしてくれるもの、アロマの香りを楽しめるもの、音楽やサウンドでリラックスできるものなどさまざまです。

どんな機能でリラックスしたいのか、自分のニーズと照らし合わせて製品をチェックするといいでしょう。

パナソニック『目もとエステ(EH-SW57)』:

出典:Amazon

こちらは多機能モデル。マッサージやスチーム機能などの多彩なメニューで、疲れた目を癒やしてくれますよ。

バッテリー駆動時間や充電のしやすさをチェック

【エキスパートのコメント】

目元ケア家電は、基本的に目をおおって利用する機種がほとんどのため、仕事場などでの「ながらケア」にはあまり向きません。しかし、自宅だけでなく会社に持っていって休み時間に利用したいという方も多いことでしょう。

バッテリーを内蔵するモデルなら、手軽に持ちだして外出先でも使えますし、家の中でもコンセントの場所を気にせず好きなところで使うことができます。バッテリー内蔵モデルの場合は、1回の充電で利用できる時間もチェックすることが大切です。

専用ACアダプターでなく、USBケーブルを利用して充電、もしくは給電できるタイプもありますので、USBポートさえあれば場所を選ばず使用できますよ。

手入れのしやすさをチェック

【エキスパートのコメント】

目元ケア家電は、目のまわりのデリケートな部分をおおって使います。使用シーンによっては、化粧をしたまま利用する方もいるでしょう。そのため、手入れのしやすさも重要なポイントです。

カバーを取りはずして丸洗いできるタイプがある一方、取りはずしできる一部のパッド以外は拭き掃除にしか対応していないモデルもあります。可能であれば取扱説明書などで手入れの方法もチェックしておくといいでしょう。

アテックス ルルド『めめホットチャージプラス(AX-KX512)』:

出典:Amazon

カバー部分を丸洗いできる機種ならいつでも清潔に使えますね。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)