30代向けレディース香水の選び方とおすすめ5選【調香師に取材】

【この記事のエキスパート】

パフューマリースクール/アトリエ・アローム&パルファン・パリ:新間 美也

パフューマリースクール/アトリエ・アローム&パルファン・パリ:新間 美也

1997年よりパリに渡り、翌年にパリを拠点とするパフューマリースクール 『アトリエ・アローム&パルファン・パリ』を設立。現在パリを活動拠点とし、香りに魅せられた同志たちと共に、パリと東京で、調香レッスンを開催中。ミッションは、香りの魅力を伝えること。


プライベートでもオフィシャルな場でも、その人らしさやインテリジェンスが深まってくる30代。身にまとう香水も知的に選んで、あなたの魅力をさりげなく演出してはいかがでしょうか。この記事では、香りの専門家である調香師への取材をもとに、30代におすすめのレディース香水の選び方やおすすめ商品をご紹介します。新しく香水を買いたい、買い換えたいと思っている30代女性はぜひ、あなたに似合う香り探しから始めましょう。また、30代女性に香水を贈ろうと考えている方やブランド別で比較検討したい方もぜひ参考にしてください。

30代向けレディース香水の選び方|調香師・新間美也さんからのアドバイス

調香師の新間美也さんに、30代向けレディース香水を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

あなたの印象とよく似た香りを選びましょう

【エキスパートのコメント】

30代の香水選びで大事なことは、あなたの印象とよく似た香りを選ぶことです。印象が分からないという方は、お友達や家族に聞いてみては。実は、ここが香り選びのスタート地点なのです。

あなた自身の印象と、まとう香りのイメージがちぐはぐだと、滑稽(こっけい)な印象になりかねません。香りは言葉であらわしにくくとも、意外にも相手にはっきりとした印象を与えているもの。しかも、第一印象のみでなく、記憶に残りやすいのが香りの特性。香水瓶、香水名、商品ビジュアル画像などから、あなたの印象に合ったイメージを持つ香水を選ぶことで、あなたの魅力をさりげなく香りに演出してもらいましょう。

あなたの理想のイメージを香りで演出しましょう

【エキスパートのコメント】

見た目の印象にマッチした香水を見つけたら、次は「なりたい」イメージで香水を探してみるのはいかがでしょうか。

たとえば「清楚で礼儀正しい女性でありたい」とか「自分なりの言葉で考えを述べられる自立した女性でありたい」とか。ほかにも、ハリウッド女優のような美しい女性や、ミステリアスでセンシュアルな女性にあこがれたり、人それぞれ理想のイメージがあるかと思います。

30代は自身の魅力を見つけ確立していくためにも、普段は選ばないような香水をチョイスすることもおすすめです。

Christian Dior(クリスチャン ディオール) 『ミス ディオール ブルーミング ブーケ オードゥ トワレ』:

出典:Amazon

女性らしさを大切にしたい方におすすめのディオールの香水。瑞々しくフェミニンな印象を与えてくれます。

自分がリフレッシュできる香りを選びましょう

【エキスパートのコメント】

どんなときにも自分らしくいられるために、30代女性には、リフレッシュできる香りを持つこともおすすめです。

たとえば、普段フローラル系の香水を使っている方は、気分を変えてさっぱりとしたシトラス系を試してみたり、ミントやラベンダーなどのアロマティックな香りが含まれる香水をチョイスしてみるといいでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)