中華製のBluetoothキーボードおすすめ6選【高コスパ・メカニカル式も!】

【この記事のエキスパート】

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー:東雲 八雲

家電コンシェルジュ・ガジェットレビュアー:東雲 八雲

ブルータス、テッカブル、インプレス、ゲットナビ、モノマガジンなどで編集を行うモノ系ライター。

ファッションや家電のスペックだけでなく、ストーリーやブランド性まで加味して良い品を探すのが好き。

週6日の秋葉原・銀座ウォッチや、海外製品の調査まで、とにかく人よりいい品を探すのが大好き。(今まで購入した家電で家が1軒建つとか建たないとか。)


多くのガジェット媒体にて執筆してきた、ガジェットレビュアー・東雲八雲さんに中華製のBluetoothキーボードの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。Bluetoothキーボードは、スマートフォンやパソコンの文字入力で活躍する入力デバイスです。本体デバイスとは無線のBluetoothで通信するので、入力先とのケーブル接続がいらずデスクの上もスッキリします。しかし、多くの製品が販売されており、違いがわからずその中から選ぶのは意外と大変でしょう。本記事を参考にして、最適な中華製のBluletoothキーボードを選んでくださいね。

ガジェットレビュアーが教える!
中華Bluetoothキーボードの選び方

ここからは、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに中華製Bluetoothキーボードを選ぶ際のポイントについて、教えていただきます。キーボード選びの基本を紹介しています。

キーボードにはコンパクトで携帯できるもの、複数接続をして切替ボタンを押すだけのものなどがあります。どのような使い方をしたいか考えながらポイントを押さえましょう。

快適に長時間打てるキーボードかどうか

【エキスパートのコメント】

キーボードの打鍵を長時間行うと、どうしても指や手首に負担になることがあります。キータッチが固すぎないモデルや、人間工学に基づいたモデルを購入すると腱(けん)への負担を軽減することができます。また、折りたたみや小型のキーボードの場合は、自分の指のサイズと比べて打つのが負担にならないかという点もチェックしておくことをおすすめします。

使用デバイスはパソコンかスマホか

【エキスパートのコメント】

パソコン用かスマホ用かで、Bluetoothのキーボードに対する設計思想が異なります。まず、パソコン用ですが、基本的には持ち歩きが考慮されないデスクトップPC用として設計されています。そのため、大きくかさばる反面打ちやすさが重視されています。対するスマホ用のキーボードは、カバンなどで持ち歩くことを前提に考えられており、折りたたみモデルやコンパクトなモデルが多いです。パソコン用か、スマホ用か、ないしはその両方か用途に応じて選択することが大切です。

持ち歩く場合は折りたたみ型のキーボードがおすすめ

【エキスパートのコメント】

スマホ用のキーボードの場合、コンパクトなキーボードが多く販売されています。中でも折りたたみ型のキーボードがおすすめです。キーボードを2分割や3分割に折りたたむため、バックの中を占領しません。そして、選ぶのであればキーボードのボタン部分が「パンタグラフ」となっているモノを選ぶといいでしょう。ノートPCなどで使われている技術で、普通のボタンタイプよりも打ちやすく耐久性も高いのが特徴です。

複数デバイスで使用する時には、モードで切り替えられるものを

【エキスパートのコメント】

複数台のスマホやパソコンを利用する人におすすめしたいのがモード切替機能です。キーボードは複数の端末で再接続するのは面倒な作業です。USBであれば、ケーブル部分を差し替えるだけで済みますが、Bluetoothは設定画面を開き、接続切り替えを行う作業が発生します。しかも複数端末が起動してる状態だと、接続が不安定になることも。その煩わしさを解消させるために、モード切替ボタンやスイッチが付いているキーボードも存在します。これがあれば、不便な再接続作業をスキップすることができます。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)