はずさない! ナチュラルおしゃれに着こなせる【メンズストール】おすすめ3選

【この記事のエキスパート】

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。

AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。

また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。

出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。


着用の自由度が高いストール。重たいマフラーを使うほどでもないけど、首元の寒さが気になるときや首元のちょっとしたおしゃれにも活用できます。

しかし、どのように着こなせばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。はじめて購入するときはなおさら、どのように選べばよいのか迷ってしまいますよね。そこで、ライター/編集者で[着こなし工学]提唱者でもある平 格彦さんに、メンズストールの選び方、おすすめ商品についてお伺いしました。

本記事を参考に、メンズストールを使った新しいおしゃれに挑戦してみませんか?

[着こなし工学]提唱者が伝授!
メンズストールはどう選ぶ?

[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんに、メンズストールを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。ストール以外にも応用できそうなので、ぜひ身につけておきたいポイントです。

肌に触れるアイテムなので心地よい上質なものを

【エキスパートのコメント】

ストールは首周りなど肌に直接ふれることが多いアイテムですので、やわらかくて心地よく、そして肌にも優しい上質な天然素材をおすすめします。

春夏ものであればオーガニックコットンやシルク100%、秋冬ものであればカシミヤやパシュミナ、メリノウールやスーパーファインウールなどを選ぶといいでしょう。

見た目にもわかる上質な生地は、コーディネートの印象をワンランク上のものにしてくれますよ。

THE INOUE BROTHERS ザ・イノウエ・ブラザーズ × タビタス『ラージストール』:

出典:Amazon

使いやすい無地柄のアルパカ100%ストールです。

迷ったら無地! ビジネスやフォーマルにもぴったり

【エキスパートのコメント】

ベーシックなスタイリングならストールがなくても完成します。だからこそ、いつものスタイリングにストールを巻くだけで、存在感を発揮してくれます。

シンプルなデザインでも、その存在感はじゅうぶん。合わせるコーディネートやシーンを選ばない、シンプルなストールを選ぶとどんなときでも使えて便利ですよ。ダークな無地のストールなら、フォーマルな装いやビジネススーツに合わせることも可能です。

オンでもオフでも使用したい方は、無地の上質な素材のストールをおすすめします。

モダンで主張のあるモノトーンの柄物がイチオシ!

【エキスパートのコメント】

無地のストールを使いこなせたら、定番柄のストールも使ってみましょう。定番柄と言えばチェック・花柄・ペイズリーといったものが主流であり、無地よりも存在感が強まります・しかし、こういった定番柄であれば派手な印象になることはないでしょう。

カジュアルなコーディネートには、無地よりも定番柄の方がなじむ場合もあります。定番柄ではないにしても、比較的シンプルな柄を選べば、派手には映らず使いまわしがしやすいはずです。

わかりやすいのはモノトーンの柄物。適度な存在感と落ち着いた印象のバランスが取れているモノトーンの総柄ストールがイチオシです。

Johnstons『カシミヤ チェック ストール 大判』:

出典:Amazon

チェックの色パターンも豊富。あなたのお気に入りもきっとあるはず。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)