【害虫駆除のプロが教える】ゴキブリスプレーの選び方とおすすめ商品5選

【この記事のエキスパート】

害虫防除技術研究所所長・有限会社モストップ取締役:白井 良和

害虫防除技術研究所所長・有限会社モストップ取締役:白井 良和

京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科修了。

京都大学農学部昆虫学研究室で農業害虫コナガを研究、殺虫剤メーカーでゴキブリベイト剤の開発に携わった後、富山医科薬科大学大学院医学系研究科に在籍し、蚊の誘引に関する研究で医学博士号を取得。

害虫防除技術研究所を2001年に設立。害虫駆除会社にて、ゴキブリ、ネズミ、ハチ、蚊などの害虫・害獣駆除に従事し、有限会社モストップを2003年に設立。

蚊をはじめとする害虫忌避剤、蚊捕獲器の評価試験や、出版、各メディアへの情報提供を行っている。著書に「蚊の対策がわかる 蚊の教科書」「蚊のチェックポイント71」、共著に「蚊のはなし」などがある。


殺虫剤の専門家である害虫防除技術研究所の白井良和さんへの取材をもとに、おすすめのゴキブリスプレーをご紹介いたします。 殺虫効果の高さをアピールするものや一定期間持続して効果を発揮すると宣伝されているものから、殺虫成分を含まないものまでさまざまな商品が市販されていますので、この記事を参考にして、必要な商品を選んでください。

害虫駆除のプロが教えるゴキブリスプレーの選び方

害虫防除技術研究所の白井良和さんにゴキブリスプレーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。より効果的なスプレーを見つけたいですね。

有効成分をチェックする

【エキスパートのコメント】

ゴキブリスプレー(エアゾール)の効果を説明する場面では、ゴキブリをひっくり返させる効果を、仰向けに転がることから「仰転効果」と表現することがあります。そのほか、「ノックダウン効果」という表現も使われていて、このような効果が高い「イミプロトリン」という薬剤が配合されている商品が昨今の主流です。商品選びの際は、このイミプロトリン成分が配合されているかを確認しましょう。

エアゾールタイプは、ハエ・蚊用も多く販売されているため、「ゴキブリ」という表示があるかも確認することが必要です。

フマキラー『ゴキブリフマキラーダブルジェット』:

出典:Amazon

広範囲に噴射するダブルジェットで、ゴキブリを逃しません。

ノズル形状を確認する

【エキスパートのコメント】

ゴキブリスプレーは、すき間にスプレーしやすいように長いノズルがついているものとついていないものの2種類に分けられます。ノズルがあると、冷蔵庫の下やいろいろなすき間などにスプレーしやすいだけでなく、手が入らない場所でも遠くまで薬剤を届けることができます。

エアゾールには「箱入り」というものは見かけず、透明フィルムで包んであるものがほとんどです。そのため、見た目でも手に取って確認できます。

アース製薬『医薬品 ゴキジェットプロ 秒殺+まちぶせ』:

出典:Amazon

長いノズルなら虫が苦手な人でも使えそうです。

殺虫成分のない冷却殺虫タイプもチェック

【エキスパートのコメント】

殺虫成分が配合されず、急激に冷やす冷却剤によって動きを止める、殺虫する、という商品もあります。このような商品は、殺虫成分が使用できない場所でも使用可能です。

また、殺虫成分と冷却剤を併用するタイプの商品もあります。そのため、「冷却」という表示を見ただけで殺虫成分を含んでいないと判断せず、説明に記載されている有効成分を確認しましょう。イミプロトリン(ピレスロイド系)、フェノトリン、フタルスリン、ペルメトリン、プロポクスル、メトキサジアゾンは殺虫成分です。

フマキラー『ゴキブリ超凍止ジェット 除菌プラス』:

出典:Amazon

殺虫成分を含まず冷却ガスでゴキブリの動きをとめるタイプ。

ここもチェック! ゴキブリスプレーの選び方のポイント

ゴキブリスプレーには、1回の噴射でゴキブリをノックダウンするタイプと、待ち伏せて殺虫するタイプがあります。商品ごとに主成分となる薬剤が少しずつ異なるので選ぶ際には注意が必要です。

害虫防除技術研究所の白井良和さんに解説していただいたゴキブリスプレーの選び方のほかに、以下のポイントもご紹介します。

新しく出現するゴキブリを減らしたいなら待ち伏せタイプを

ゴキブリスプレーのなかには、1回の使用で効果が約2週間持続するタイプがあります。残効性の高い「フェノトリン」を含む商品です。フェノトリンは1度ノックダウンした後の蘇生率が低いことから、致死率が高い薬剤であるとされています。

約1カ月も効果が持続するとされる商品に含まれる「d・d-T-シフェノトリン」も、フェノトリンのように致死率と残効性が高い薬剤です。

出てきたゴキブリをその場で殺虫するだけでなく、新しく出現するゴキブリに対する予防にもなります。ゴキブリが多いと感じられるときは、たび重なるゴキブリ退治に追われないためにも、待ち伏せタイプの商品で減らしましょう。

冷却タイプ以外にもある殺虫成分を含まない商品

殺虫成分を含まない製品は、冷却タイプ以外にも、天然成分を使ったものがあります。

天然植物成分を使用しているタイプ

ハーブなどの天然植物成分で忌避効果(寄りつかせない効果)を発揮するタイプは、ゴキブリが嫌う香りで室内に侵入させないためのスプレーです。直接的な殺虫効果はありませんが、ゴキブリが出現する季節になったら前もってスプレーしておきましょう。

天然植物成分を使用した害虫よけスプレーには多くの商品がありますが、「ゴキブリ用」として成分が配合されている商品を必ず選んでください。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)