ブラシorシートタイプ? 猫用歯ブラシの選び方とおすすめ商品7選|動物病院の院長に聞く

【この記事のエキスパート】

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院を2006年に開業。得意分野は皮膚病です。2019年4月より皮膚科と内科中心の病院を目指していきます。飼い主さまのお話をしっかり伺い、飼い主さまと協力し合いながら治療を進めていくように心がけています。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。


猫の歯周病や口臭予防などのデンタルケアに欠かせない『猫用歯ブラシ』。各メーカーからいろいろな商品が販売されており、どれを選べばいいのか迷ってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。この記事では、ふくふく動物病院の院長である平松育子先生への取材をもとに、猫用歯ブラシの選び方とおすすめの商品をご紹介します。歯ブラシが苦手な猫でも使いやすい、シートタイプの歯磨きグッズもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫用歯ブラシの選び方|動物病院の院長に聞く

ふくふく動物病院の院長である平松育子先生に、猫用歯ブラシの選び方をお聞きしました。「猫がいやがってうまく歯磨きができない」などとお困りの方は参考にしてみてくださいね。

段階を踏んで歯磨きグッズを選ぶ

【エキスパートのコメント】

猫の歯磨きは最初から歯ブラシを使うのではなく、まずは歯磨きシートやガーゼなどのやわらかい布を指に巻きつけて、歯の表面をこすることから始めましょう。

慣れてきたころに指サックタイプの歯ブラシにチャレンジすると、猫はスムーズに歯磨きを受け入れる可能性が高いです。柄のついた歯ブラシを使うのは、歯ブラシトレーニングの最終段階です。

歯磨きシートにはいろいろな種類があり、フレーバーのついているものなど、猫が拒絶しにくい仕様のものが売られていますので、猫たちが歯磨きを受け入れてくれるかどうかの大事なステップで商品選びを失敗しないようにしましょう。

ライオン PETKISS『歯みがきシート 無香料』:

出典:楽天市場

初めての歯磨きには、猫が受け入れてくれやすいシートタイプを選びましょう。まずは歯磨きに慣れてもらうことが大切です。

歯ブラシはヘッドが小さく毛の短いものを

【エキスパートのコメント】

猫の口は狭いため、歯ブラシはヘッドが小さく毛の短いものを選ぶようにしましょう。大きな歯ブラシは使いにくいだけでなく、猫が違和感を強く感じてしまい、歯磨きをいやがられることが多いです。

ヘッドの形は、長方形のものや楕円形・円形のものがありますが、まんべんなく磨くためには円形のものが使いやすいと思います。飼い主も猫もお互いが歯ブラシに慣れてきたら、少し大きめのヘッドにチャレンジしていきましょう。

飼い主が持ちやすい形状のものを選ぶ

【エキスパートのコメント】

猫の歯ブラシを選ぶときの大切なポイントのなかに、飼い主が持ちやすいものを選ぶという点もあります。

持ち手が細すぎるものや柄が長すぎるものは、力を入れにくかったり、手を動かしにくかったりするので不便に感じることもあるでしょう。柄の部分にラバーなどの滑り止めがついているものを選ぶと握りやすいため、ほどよく力を入れて歯磨きをすることができるかと思います。

手の大きさにもよりますが、歯ブラシの全長は13cm前後が持ちやすいでしょう。 

ビバテック シグワン『猫用歯ブラシ』:

出典:Amazon

ヘッド部分に360度ぐるっと毛の生えた猫用歯ブラシ。角度を気にせずに磨けて、飼い主さんも使いやすい。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)