6月27日発売の「月刊!スピリッツ」で最終回を迎えた「孔雀王ライジング」(画像はコミックス第1巻)

 4月29日に腎不全のため死去した荻野真さんの人気マンガ「孔雀王」の最新シリーズ「孔雀王ライジング」の最終回が、6月27日発売の月刊マンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)8月号に掲載された。荻野さんのデビュー作で、1985年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載がスタートした「孔雀王」から「孔雀王ライジング」まで約34年のシリーズの連載の幕を下ろした。

 「孔雀王」シリーズは、呪法を用いて魑魅魍魎(ちみもうりょう)を退治する最強の退魔師・孔雀の活躍を描いた。「孔雀王ライジング」は、「孔雀王」「孔雀王 退魔聖伝」「孔雀王 曲神記」に続く最新シリーズ。コミックス最終10巻が7月30日に発売予定。

 同号には、編集部の追悼文も掲載され、「ご闘病の中でも『孔雀王ライジング』の執筆を続けられ、最終回までの原稿を完成されておられました」と説明。「読者の皆様と共に作品の完結まで読める幸せを感じつつ、先生の長きにわたったご活躍に、深く敬意と感謝を捧(ささ)げたいと思います。荻野真先生のご冥福を、心よりお祈り申し上げます」とつづっている。

 荻野さんは1959年、岐阜県出身。1985年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で「孔雀王」でデビューした。「孔雀王退魔聖伝」「夜叉鴉」「ALGO!」「小類人」「拳銃神」「孔雀王曲神記」など伝奇SF作品が人気を集めた。