博多華丸・大吉、大島美幸

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)。6月26日の放送は、「バカヤロー飯」で大島美幸(森三中)が、ストローで食べる巨大小籠包に挑む。

SNS が発展するこの時代、巷にあふれる「気になるウマイ話」や真偽不明のネタ。忙しいし、やってもムダに終わったらイヤだし、ちょっと怖いから実際は手を出せない……そんなウワサの数々は“それって、実際どうなのか?” そんな“気になる”ことを番組がカラダを張って、時間を使って調べていく。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵に加え、この日は、大島がゲスト出演する。

誰もがうらやむ「高額報酬なお仕事」。今回は漁に挑戦。多ければ日に10万円を稼ぐこともできるというが、そんなウマイ話あるのだろうか? その実態を芸人・高野正成(きしたかの)が海で体を張って大調査。「こんなにキツイと思ってなかった」と漏らすほど、さまざなま困難にぶつかる。

また、「美人は本当に得をするのか?」というよく聞くウワサを調査。学園祭でやきそばを40万円売ったことがあるという美人が和菓子屋さんの店頭に立つといくら売れるのか? 赤字だというお店の売上を上げることはできるのか!?

TVやネットで話題の人気店を調査する「バカヤロー飯」では、今回、ストローで食べる巨大小籠包が登場。重さが全然違うという小籠包の大きさは? そして、あまりの熱さに店長と押し問答に……。あの大ヒット映画『キングダム』風のストーリー仕立てで巨大小籠包に挑む。