阿部寛

阿部寛の主演作、『新参者』シリーズの完結編となる映画『祈りの幕が下りる時』が、6月30日(日)21時からTBS系で地上波初放送されることが決定した。

本作は、東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」10作目の映画化。2010年放送のTBS日曜劇場『新参者』、その後に放送したスペシャルドラマ『赤い指』(2011年・TBS)、『眠りの森』(2014年・TBS)、そして、映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(2012年)に続き阿部が主人公・加賀恭一郎を演じている。

今回は、事件の裏に隠された哀しい事実が感動を誘う一方で、これまで解き明かされることがなかった、最大の謎ともいえる“加賀の母の失踪”の真相がついに明らかになる。さらに、加賀がなぜ捜査一課から日本橋署の“新参者”になったのか、そしてなぜ今でも日本橋署勤務のままなのか、その理由が描かれる。

レギュラーキャストの溝端淳平(松宮脩平役)、田中麗奈(金森登紀子役)、山崎努(加賀隆正役)の続投に加え、本作で阿部と初共演となる松嶋菜々子が物語の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を演じる。

また、キムラ緑子、烏丸せつこ、伊藤蘭、小日向文世らベテラン勢や、春風亭昇太、音尾琢真、及川光博ら個性豊かな俳優陣が脇を固める。『半沢直樹』(2013年)『陸王』(2017年)などを手掛けた福澤克雄が監督を務めるシリーズ最高の“泣ける”感動巨編だ。

<あらすじ>
東京都葛飾区、荒川沿いのアパートで、死後20日ほど経過した腐乱死体が発見された。顔や年齢は認識できず、判明したのは女性であることだけ。警視庁捜査一課の松宮脩平(溝端)は、死体が運び出され鑑識も引き払った簡素な一室で、カレンダーに「橋の名前」が書かれていることを発見する。やがて、DNA鑑定により死体は滋賀県彦根市在住の押谷道子(中島ひろ子)と判明。遺体の発見場所には9年前から越川睦夫という男が住んでいた。捜査班は越川を加害者と睨み捜査を開始するが、松宮は同時期に新小岩の河川敷で発生したホームレスビニールハウス放火殺人事件との関連性を疑う。越川と焼死したホームレスは同一人物では? 生活感のない越川の部屋を見た松宮の勘だった……。