劇場版アニメ「ペット2」の日本語吹き替え版完成会見に登場した「バナナマン」の設楽統さん(左)と日村勇紀さん

 お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんと日村勇紀さんが6月24日、東京都内で開催された劇場版アニメ「ペット2」(クリス・ルノー監督、7月26日公開)の日本語吹き替え版完成会見に、内藤剛志さんらと登場。3人はプライベートで10年近く交流があるといい、内藤さんは「10年以上ファンで、夏のライブを拝見したりしていて。長めのコントでお芝居みたいなことをやっていて、本当にうまいから、潰しておかないとやばいなと思っていました」と冗談交じりに2人の芝居を絶賛し、周囲を笑わせていた。

 一方、設楽さんは「内藤さんは僕らのことが大好きと言ってくれて。京都で撮影しているのにスケジュールを1日空けて、ライブに来てくれたり。がっつりとお芝居でやりとりするのは初めてで、すごくうれしかった」と語っていた。

 会見には、日本語吹き替えを担当する佐藤栞里さん、永作博美さん、伊藤沙莉さん、宮野真守さんも登場した。

 映画は、「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントの劇場版アニメ「ペット」(2016年公開)の続編。飼い主ケイティの寵愛(ちょうあい)を巡り、マウント合戦をしていたマックスとデュークはすっかり仲良しに。ケイティは恋人チャックができて、赤ん坊のリアムが誕生する。ある日、親戚が経営する田舎の牧場に家族旅行すると、マックスとデュークは牛の大群を誘導する農業犬のリーダー・ルータスに出会う……という内容。