アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版」のビジュアル (C)カラー

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの劇場版新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(2020年公開)の本編映像が7月6日に全世界で上映されることが6月24日、明らかになった。本編映像は「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706」と題して、仏パリで行われる「ジャパンエキスポ」や米ロサンゼルス、中国の上海、日本国内の複数カ所で世界同時上映される。

 今回の本編映像上映は「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦」と題した試み。「AVANT(=アバン)」とは、オープニングタイトル前の導入シーンのことで、2020年の公開に先立って、極めて異例となる映画本編冒頭10分40秒が先行公開される。

 また、“作戦”を前に「エヴァンゲリオン」シリーズの著作権元であるカラーが制作する初の公式アプリ「EVA-EXTRA」が7月1日にリリースされることも発表された。アプリは、シリーズの最新情報が配信されるほか、動画コンテンツなどが追加される予定。

 「新世紀エヴァンゲリオン」は庵野秀明さんが監督を務めた人気SFアニメ。西暦2015年の第3新東京市を舞台に、主人公・碇シンジが謎の敵“使徒”に対抗する手段を持つ人類として、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を操縦し、綾波レイらと使徒と戦う……というストーリー。テレビアニメや劇場版アニメが制作され社会現象を巻き起こした。