親友を殺害した18歳、きっかけはネットで知り合った自称・億万長者

米アラスカ州のティーンエイジャーが親友の女性を森へ誘い込み、共犯者に彼女を射殺させたとして罪に問われている。すべてインターネットで知り合った男の指示によるもので、犯罪を実行すれば900万ドル払うと持ちかけたという。警察当局職員が語った。

デナリ・ブレーマー被告(18歳)は、シンシア・ホフマンさん(当時19歳)の惨殺事件に関して第1級殺人、第2級殺人などの罪で逮捕、起訴された。ホフマンさんは6月4日、アラスカ州アンカレッジ郊外の河岸のそばで死んでいるのが発見された。警察いわく彼女はガムテープで拘束され、頭部を撃ち抜かれていたという。

動機は特定されていないものの、警察によるとブレーマー被告は最近インターネット上で「タイラー」と名乗る男と知り合ったという。男はブレーナー被告に自分は億万長者だと騙り、900万ドルやるから誰でもいいから殺人を犯してくれと持ちかけた。

実際には、「タイラー」なる男はインディアナ州の21歳の男ダレン・シルミラー被告で、ブレーナー被告に何度も殺人の証拠ビデオを送るよう指示。ブレーナー被告は言われたとおり、Snapchat経由で動画を送った。シルミラー被告はホフマンさん殺害のほか、未成年への性的虐待も指示していたとみられ、犯行を撮影した動画を送るよう指示していた疑いがもたれている。これをうけ、アラスカ当局は2人を児童ポルノ所持および製造で起訴した。現在シルミラー被告は、アラスカ州への移送手続きの最中だ。

さらに警察はケイデン・マッキントッシュ被告(16歳)、ケイレブ・レイランド被告(19歳)を逮捕した。当局はブレーマー被告がマッキントッシュ被告とレイランド被告、残る2人の未成年を仲間に引き入れ、900万ドルを山分けすると約束して殺人を手伝わせたものとみている。のちにマッキントッシュ被告は、ホフマンさんの頭を後ろから撃ったと自白した。

4人は第1級殺人で逮捕、起訴されており、最大で99年の禁固刑が科されることになる。

「シー・シー」の愛称で親しまれていたホフマンさんは、2018年に高校を卒業した後、イーストアンカレッジで便利屋をしていた父親の下で働いていた。父親のティモシー・ホフマン氏の声明によれば彼女は学習障害をかかえており、精神の発育状態は12歳程度だったという。彼女とブレーマー被告は親友で、家族は被告を「アンジェラ」と呼んでいたと、地元のTV局KTUUに語った。

「娘は人を信じやすい子でした。娘はただ友達が欲しかったんです」と、ホフマン氏は19日、ブレーマー被告の公判中に報道陣にこう語った。「娘に先立たれてしまった。こんなことは間違っています」