本田圭佑との会話で実現! “5万円企画”の真意を、けんすうが明かす
ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍するクリエイターやアーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。6月15日(土)の放送は、前回に引き続き、実業家のけんすう(古川健介)さんが登場しました。


けんすうさん、ハヤカワ五味



◆「5万円企画」の深意
先日、プロサッカーの本田圭佑選手が自身のツイッター上で「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか? 」と投稿し、話題になりました。実は、けんすうさんも同時期に「僕が5万円払うから、僕にコミュニティ作りを教わりたい人を募集します」というツイートをしていました。

この企画は、本田選手と交わした「今の教育って、お金を持っている人のほうが得だよねと」という会話がきっかけだったとか。けんすうさんは、「金額が高いと、お金を持っている人だけが教えてもらえる状態になる。だからとい
って、金額を安くしてしまうと、教える側のメリットがなさすぎる。いっそのこと、教える側が教えたい人を選べるような形にしたほうが、マッチングとしてきれいだと思った」と話します。さらに、教える側がお金を払うシステムにすることで「教える側も、教えてもらう側も、本気度が上がる」と言います。

前回の放送で、けんすうさんが「一部の人だけが(知識や人脈、情報などを)独占するのは良くないと考えていた」と語った通り、常に“情報の民主化”を目指して、さまざまな活動を続けています。

現在のテーマは“応援”。金銭支援だけでなく、知識や情報の共有を含めた“応援”だと言い、“エンジェル投資”(創業間もない企業や起業家に出資すること)については「特に応援度が高い」と注目しているそうです。

続けて「(投資家が)お金を払って応援して、成功したらお互いにハッピーっていうことが、一番テンションが上がる」と言い、「教わる側の目指すゴールに向けて、(投資家が)教えるっていう形にしたい。例えば、YouTuberに投資できて、成功したらリターンがあるような。ブロックチェーン(金融取引などの記録を、コンピューターのネットワーク上で管理する技術の1つ)などの新しい技術を使ってできると面白い」と目を輝かせます。



最後に、けんすうさんは、日本のアイドルを引き合いに出し「応援は日本特有の文化」と説明。ビジネスに関しても“応援”という文化が定着することで、「生まれ持っている見た目や能力に左右されない世の中になりそう」と期待を寄せます。

続けて「挑戦しない人は人気がなくなってしまう」と言い、例えば「“勝ち”が決まっている人よりも、無謀でもチャレンジする人のほうが得をする世界になるので、世の中的には面白くなるのでは」と推測。

この発言に、ハヤカワは「“応援され度”みたいな指標が 増える可能性もある」とコメント。「みんなが応援し合う未来が妄想できて、すごくうれしい」と希望に胸を膨らませていました。

次回6月22日(土)の放送は、ヘイ株式会社・代表の佐藤裕介さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:マスメディアン 妄想の泉
放送日時:毎週土曜 24:30~25:00
パーソナリティ:ハヤカワ五味
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/mousou/
番組Twitter:@mousou_tfm