制作会社「PANPOCOPINA」の上田慎一郎監督(左)とふくだみゆき監督

 インディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!(カメ止め)」で知られる上田慎一郎監督が所属する制作会社「PANPOCOPINA(パンポコピーナ)」が、エイベックス・ピクチャーズと業務提携することが6月20日、明らかになった。

 今回の業務提携により、イベントや公演、CMなどの出演及び実演活動の窓口をエイベックス・ピクチャーズが担い、マネジメントを行う。また、両社による新規映像作品の制作も検討している。

 パンポコピーナは、2009年に上田監督が設立した映画製作団体PANPOKOPINAが前身。より本格的な制作を行うことを目的に今年1月に株式会社PANPOCOPINAとして設立した。上田監督、アニメ「こんぷれっくす×コンプレックス」を手がけたふくだみゆき監督らが所属している。

 上田監督、ふくだ監督のコメントは以下の通り。

 ◇上田慎一郎監督のコメント

 妻であり映画監督のふくだみゆき、幼稚園からの幼なじみであり「カメラを止めるな!」の音楽も手がけてくれた鈴木伸宏。気の知れ(すぎ)た3人。互いの力をリスペクトし合う3人。今日までのいばらの道を共に駆け抜けてきた3人。そんな3人で会社を興しました。といってもやることは今までと変わりません。自分たちの信じるものを、100年後も残るエンターテインメントを、創っていきます。エイベックスさんの力もお借りして、これまで以上にエンタメ街道をまい進していきたいと思います。

 ◇ふくだみゆき監督のコメント

 夫・上田慎一郎が立ち上げた映画製作団体パンポコピーナに加入してもうすぐ9年。いつか会社にできたらいいね、と言いながら一緒に走ってきました。夫の幼なじみである鈴木伸宏も加わり、またここから新しいパンポコピーナが始まります。自分たちが面白いと思うものを信じてクリエーティブし、皆さまにお届けし続ける。エイベックスさんにもお力をお借りし、そんなすこぶる楽しい会社にしたいです。