映画「さよならくちびる」の公開御礼舞台あいさつに登場した門脇麦さん

 女優の門脇麦さんが6月19日、東京都内で行われた映画「さよならくちびる」(塩田明彦監督)の公開御礼舞台あいさつにダブル主演を務めた小松菜奈さんと登場。門脇さんと小松さんは、もし再共演するならどんな作品がいいかと聞かれると、門脇さんは「ふたりでシェアハウスとかしてて、何でもない日常を切り取っている感じの映画」と回答。続けて「深夜ドラマとかで、ゆる~っとした……ごはんもおいしく映っている、みたいな」と明かし、小松さんを笑わせていた。

 一方、小松さんは「姉妹とか(の設定の作品)がいいです」と回答。MCから「どちらがお姉さん役?」と聞かれると、小松さんは「私がいい」と門脇さんより年下ながら姉役を希望。「でも(門脇さんが)妹に見えないもんね……。でも、ちょっと(妹として)はしゃいでいてほしいかも。そういうのが見たい!」と願望を明かしていた。    映画は塩田監督のオリジナル脚本をベースにした音楽ロードムービー。主題歌「さよならくちびる」はシンガー・ソングライターの秦基博さんがプロデュース、挿入歌「たちまち嵐」はシンガー・ソングライターのあいみょんさんが作詞作曲を担当した。人気の2人組女性バンド「ハルレオ」のハル(門脇さん)とレオ(小松さん)は、それぞれの道に歩み出すため解散を決め、バンドのサポートをするローディー兼マネジャーのシマ(成田凌さん)と共に、解散ツアーとして全国を巡ることに。しかし、3人の思いは交錯し……というストーリー。