テレビ東京の連続ドラマ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」に主演する大原櫻子さん

 7月期にテレビ東京のドラマパラビ枠(水曜深夜1時35分)で放送される連続ドラマ「びしょ濡(ぬ)れ探偵 水野羽衣」に主演する歌手で女優の大原櫻子さん。今回がドラマ初主演で、なんともインパクトあふれるタイトルに「そんなタイトルのドラマは聞いたことない!と思いました。最初は『色っぽいイメージのドラマになるのかな』という驚きと不安もあって」と笑顔を見せる。水にぬれるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ主人公とあって、撮影でも毎話ごとに水をかけられて“びしょぬれ”になっているが、「こんなふうに水をかけられるのは、人生で初めて。“びしょぬれ”というワードがはやったらうれしい」と楽しそうに話す大原さんが、ドラマへの意気込みや撮影の裏側を語ってくれた。

 ドラマは、水野羽衣(大原さん)の兄がラブホテルの一室で営む探偵事務所が舞台。女子大生の羽衣は、誰かの手によりびしょぬれになることで過去へ、自らびしょぬれになることで現在へタイムリープできる特殊能力を持っており、“びしょぬれ探偵”と呼ばれる彼女が事件を解決していく姿を描く。

 大原さんにとってはドラマ初主演。さらには自身初となるドラマ主題歌も担当することになり、「初主演というのももちろんうれしかったですし、初主題歌というお話もいただいて。こんなふうにダブルでやらせていただけることもなかなかないので、本当にうれしかったです」と喜びもひとしお。

 しかしながら「プレッシャーに思うことはあまりない」そうで、「脚本を読ませていただいても、とても内容が面白くて。毎話ごとにゲストの方が登場したり、お兄ちゃん(矢本悠馬さん)やお父さん(大堀こういちさん)に囲まれて、いつも自然と笑っていられるような雰囲気の現場。変に主役として頑張らなきゃと思うこともなく、皆さんのおかげで楽しく撮影しています」と充実の表情を見せる。

 演じる羽衣の印象は、「正義感を持っている女の子」と分析。「『やってやるぞ!』となったときの本気度、男勝りなところは、私と似ているのかなと思います」と役柄に愛情もたっぷりだ。大きな見どころとなるのは毎話、びしょぬれになる羽衣の姿だが、「こんなふうに水をかけられるのは、人生で初めて」と大原さん。

 「女の子が座っていて、そこにバケツを持っている人が“バシャン!”と水をかけて、“ビショ!”となって、カットがかかる。そんなこと、初めてですよね」と大きな笑顔で、「衣装もぬれてしまうと乾かさなければいけないし、メークも髪の毛もやり直すには時間がかかるので、本番一発で撮影しています。そして、誰もが想像している以上に寒いんですよ」とぬれた後は、震えてしまうのだという。

 さらに「バケツで水をかけられるのって結構、痛いんです。ビンタされるような感覚なので、構えている感じはありました」とも。「もともと水が大好き。水泳が趣味でプールにも行くんですが、撮影期間中に『今日はプールに行けるな』となっても、『冷たい水、嫌だな』という思いが一瞬、よぎったことがあります(笑い)。プールに入ってしまえば気持ちいいんですけどね」と瞬間的に水恐怖症になった様子。それすらも楽しい経験となったようで、「編集をしているスタッフさんも、皆さん笑顔で編集していると聞きました。笑って、元気が出るドラマができたと実感しているので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」と力を込めていた。(成田おり枝/フリーライター)

 ドラマは、7月3日からスタート。BSテレ東では、10月期に放送予定。動画配信サービス「Paravi」でも配信される。