オーディオ&ビジュアルライターが教える! おすすめの小型ブックシェルフスピーカー7選

【この記事のエキスパート】

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。

日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。

高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。

AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。


さまざまな機器を組み合わせて自分だけの高音質システムを追求するHi-Fiオーディオ。音の出口となるスピーカーは、システム全体で最も音色に影響する機器といえます。初めてHi-Fiオーディオシステムを組もうと考えている方は、まず小型ブックシェルフスピーカーから始めてみてはいかがでしょうか。小型ブックシェルフスピーカーは、日本の一般家庭のようなあまり広くないお部屋にも適しています。しかし、さまざまなメーカーによるこだわりの製品が数多く販売されているので、どんなものを買えばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに聞いた、小型ブックシェルフスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

小型ブックシェルフスピーカーの選び方! オーディオ&ビジュアルライターに聞きました

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんに、小型ブックシェルフスピーカーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。下記のポイントを参考に、自分にあった小型ブックシェルフスピーカーを探してみましょう。

周波数特性で選ぶ

【エキスパートのコメント】

お気に入りの音楽を高音質で聴くために注目したいポイントの1つが、スピーカーの定格スペックのなかの「周波数特性」。これは、音の傾向をある程度知ることができるスペックで、再生できる低音から高音の音域幅を表わすものです。数値の幅が大きいほど、定格上すぐれています。

また、高域側のスペックが40kHz(キロヘルツ)以上までカバーするものは、ハイレゾ音源を再現するための基準を満たしているため、ハイレゾ対応などと呼ばれることもあります。低域側の数字の小ささは、どれだけ低い低域を再生できるかを表します。低音の表現力の目安になるので、参考にしてみてください。

能率が大きく、かつインピーダンスがプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶ

【エキスパートのコメント】

スピーカーの代表的なスペックの1つが能率です。決まったレベルの音に対してどれだけの強さの音を得られるかをdB (デシベル)という単位で表します。能率の数字が大きいほど、出力の小さなアンプでも大きな音を出すことができます。

スピーカー内部の回路を信号が流れるときの電気抵抗を表わすインピーダンスのスペックは、4/6/8Ωがありますので、組み合わせるプリメインアンプと同じ数値のものを選ぶのがおすすめです。

なお定格入力(許容入力)は、スピーカーで大きな音を鳴らした際に破損しない限界値を表します。例えば100Wを定格入力としているスピーカーがありますが、実際に100Wで音を鳴らすと耳をふさぐほどの大轟音(ごうおん)になるので、実シーンとしては現実的なスペックではありません。

ブランドごとの特徴ある音か、フラットな音か

【エキスパートのコメント】

スピーカー選びの際の基礎知識としてスペックを解説しましたが、これはあくまで参考程度の情報です。どれだけこまかな音を鳴らせるかを示すスペックは存在しませんし、周波数帯域の幅はわかっても、そのなかでどの音の高さが強く聴こえるかはわかりません。

スピーカーユニットの構成や素材による音の特徴も含め、トータルの作りこみこそがスピーカーの音色を左右しているともいえます。スピーカーはブランドや製品ごとに、理想とする音があって作られるもの。商品説明やレビューも参考にして、自分の求める音楽性にあったスピーカーを探しましょう。

たとえば、JBLなどの海外の老舗ブランドから出ているスピーカーは、ロックやジャズに向いている傾向にあります。また、音楽制作などを目的として厳密かつ正確な音の再現を最重視するなら、「モニタースピーカー」と呼ばれるものを探してみましょう。

JBL『STAGE A130』:

出典:Amazon

こちらの商品には、プロ用のスピーカーと同じ技術が使用されています。プロが認める音をご家庭で楽しめる1台です。

サイズとデザインで選ぶことも忘れずに

【エキスパートのコメント】

スピーカーは、室内に設置して音楽を流すもの。そこで考慮してほしいのがサイズとデザインです。小型ブックシェフルスピーカーのサイズに決まりはありませんが、感覚的には幅25cm程度・高さ35cm程度までのものなら、部屋に置いても大きすぎないサイズといえるでしょう。

部屋に置いたスピーカーは目につくものなので、デザイン性もある程度は考えておくことをおすすめします。スピーカーを所有していること自体に満足感を得たいのであれば、自慢できるブランドのスピーカーを選ぶというのももちろんアリです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)