予防接種に疑問を唱える17人の「反ワクチン派」セレブリティ名鑑

ジェシカ・ビールは様々な顔を持っている。女優であり、母であり、ジャスティン・ティンバレイクのよき妻。鍛え上げた腹筋の持主で、スカーレット・ヨハンソンやナタリー・ポートマンよりもセクシーだったせいで役を逃したという持論を展開している。だが今週、ビールの経歴に新たな肩書が加わることになった。「反ワクチン派」だ。

著名な反ワクチン活動家ロバート・F・ケネディJr.氏はInstagramの投稿で、ビールとともにカリフォルニア州下院議会を訪問し、法案SB276号に反対する陳情を行ったことを明らかにした。カリフォルニア州法案SB276号は、保護者が州の保健所から承認を得た場合を除き、ワクチン接種の免除を制限しようというもの。騒動をうけ、ビールは予防接種に反対しているわけではないと主張し、Instagramにこう投稿した。「私は予防接種に反対しているわけではありません。私は、子供の予防接種を支持しています。また、かかりつけの医師と相談したうえで、自分の子供のために良識ある医学判断を下すという家族の権利も支持します」

この投稿をInstagramで見る This week I went to Sacramento to talk to legislators in California about a proposed bill. I am not against vaccinations — I support children getting vaccinations and I also support families having the right to make educated medical decisions for their children alongside their physicians. My concern with #SB276 is solely regarding medical exemptions. My dearest friends have a child with a medical condition that warrants an exemption from vaccinations, and should this bill pass, it would greatly affect their familys ability to care for their child in this state. Thats why I spoke to legislators and argued against this bill. Not because I dont believe in vaccinations, but because I believe in giving doctors and the families they treat the ability to decide whats best for their patients and the ability to provide that treatment. I encourage everyone to read more on this issue and to learn about the intricacies of #SB276. Thank you to everyone who met with me this week to engage in this important discussion! Jessica Bielさん(@jessicabiel)がシェアした投稿 - 2019年 6月月13日午前5時32分PDT

だが、ビールとケネディの陳情に同席していたというカリフォルニア州議会の職員ジェゼベル氏の投稿によると、ビールは友人の子供の病気が予防接種と関連があると考え、自分の子供には定期予防接種を受けさせなかったと発言したという。また、ワクチン接種の時期を遅らせることに同意してくれる医師を探しているとも認めた(このいわゆる「ドクターショッピング」行為こそ、法案SB276号がとくに廃絶しようとしているものだ)。

家族が「自分の子供のために良識ある医学判断を下す権利」を持つべきだというビールの主張は、ワクチン懐疑派の常套句だ(彼らの多くは”反ワクチン派”という呼称は曖昧だとして、自分たちは”反ワクチン派”ではなく、”ワクチンの危険性に意識が高い人々”というような、婉曲的な表現を好んでいる)。

だがこうした主張に対し、公衆衛生の専門家らはこぞって膨大な数の研究を例に挙げ、予防接種の義務化が集団免疫の維持と、脆弱な住民が予防可能な児童疾患にかかるのを防ぐためにも必要不可欠だと提唱している。実際ビールの投稿を巡る騒動をうけ、予防接種率の低下が原因で全米にはしかが大流行している中で有名人がこうした立場を取るのは危険だと大勢の人が声を上げた。

ビールと同じようにワクチンに批判的な意見を支持する有名人のリストを今回作成した。反ワクチン派を自認する者はほとんどいないが、我が子に予防接種を受けさせていないと明言しているか、予防接種の義務化に批判的またはそのような意見を支持している、あるいはワクチン全般に対するマユツバもの説を唱える人々だ。

クリスティン・カヴァラーリ
リアリティ番組のスターは2014年Foxニュースに出演した際、息子のカムデンに予防接種を受けさせていないと発言した。「いいですか、人それぞれなんですよ」と本人のコメント。「私はどちらの意見も理解しています。自閉症に関する本もたくさん読みましたし、ぞっとするような統計結果も中にはあるんです。あくまでも個人的な選択です」

アリシア・シルヴェスターストーン
映画『クルーレス』のヒロインは(その前にもタンポンが不妊の原因になるとか、ヴィーガンが流産の危険を減らすという説を唱えていた)、2014年に出版した著書『The Kind Mama: A Simple Guide to Supercharged Fertility, a Radiant Pregnancy, a Sweeter Birth, and a Healthier, More Beautiful Beginning(原題)』の中で、予防接種を声高に批判している。「きっちりスケジュール通りに一斉予防注射を受けさせることの弊害をまともに扱った研究はひとつもありません」(疾病予防管理センターは、数々の検証済み研究でワクチンの効能と相対的な安全性が確認されていると反論している)「最近医師からよく聞く話ですが、ワクチンを受けた後『子供の様子がおかしい』と心配になった親御さんから電話を受けているそうです。私の周りにも、同じような形で赤ちゃんの容体が悪くなったという友人が何人もいます」と彼女は記している。

ジェニー・マッカーシー
おそらくハリウッドでもっとも有名な反ワクチン派。彼女の息子は2歳半のときに自閉症と診断された。以来彼女は、息子の自閉症はMMRワクチン(はしか、おたふくかぜ、風疹の混合ワクチン)と関連があるという自説を声高に訴えている。多くの仲間たち同様、彼女も”反ワクチン派”のレッテルに異を唱え、PBSの番組『Frontline』でこう発言した。「私たちは反ワクチン派ではありません。安全な定期予防接種を支持しています」


予防接種の義務化に反対するジム・キャリー

ジム・キャリー
2005年から2010年までマッカシーと交際していた彼も、予防接種の義務化に公然と反対している。2009年には、ハフィントン・ポストにこう寄稿した。「この危機的状況が広がる中、僕らは疾病予防管理センターや全米小児科学会(AAP)、ワクチン製造会社の主張を鵜呑みにすることはできない。僕らはこれまで以上に、戦わずしてあきらめるという欲求に抗わなくては」。また2015年にはジェリー・ブラウン州知事を「ファシスト」と呼び、親の宗教的信念に関わらず、すべての就学児童にワクチンを義務づける州法に署名したことに怒りを表した。

Save our vaccines! Save our kids! Let the truth be known! https://t.co/zM9jupHmkF https://t.co/8zphbim3xV pic.twitter.com/24Ejz5XZNH — Jim Carrey (@JimCarrey) April 14, 2016

ビル・マー
あまのじゃくとして有名なスタンドアップ・コメディアン兼TV番組の司会者も(エイズ否認主義の著名活動家の支持者でもある)、当然ながら予防接種の義務化にも懐疑的だ。豚インフルエンザの感染が最高潮を迎えた2009年には予防注射に反対するツイートを投稿し、ワクチン反対派として有名なロバート・F・ケネディJr.を番組ゲストとして招き、はたまたウィリアム・フリスト元上院議員(医師でもある)との取材で予防接種義務化をこき下ろした。「なぜ(行政に)自分の腕に病気を注射させなきゃいけないんですか? 私は豚インフルエンザのワクチンだの、他のどんなワクチンもご免です。こと自分の健康に関しては、行政を信用していませんから」

2009年のウィニペグ・サン紙の取材では、ワクチンに対する自らの立場を改めたようだ。「私は細菌学説を否定しているわけじゃない。予防接種は効果的だと思いますよ。ポリオがいい例です。ある特定の状況下で、第三世界の子供たちにマラリヤやジフテリアなどの予防接種を行うのは正しいことか? もちろんです。そのような状況では費用対効果も高い。ですが、ロサンゼルスに住んでいる私がインフルエンザの注射を打つべきか? ノーです」

ロブ・シュナイダー
サタデーナイトライブの元メンバーで、映画『ドゥース・ビガロウ、激安ジゴロ!?』の主演俳優は折あるごとに、予防接種の義務化反対を呼びかける発言をしてきた。2012年には、子供の予防接種を免除してもらうには医師の署名が必要とするカリフォルニア州法に反対し、ワクチンが自閉症に関連するという俗説を展開した。「子供に何が最善かを決めるのは親であるべきです」と、当時彼は地元のTV局に語った。「行政に指図されるいわれはありません」 シュナイダーのワクチンに対する見解は2018年、State Farm社が彼を起用した広告を発表したものの、科学主義派から抗議を受けて撤回したことで、広く知られることになった。


トニー・ブラクストンはMMRワクチンが自閉症の悪化につながったのではないかと自著に記す

リサ・ボネット
おそらく、ワクチン義務化反対を明言している数少ないセレブの一人。『コスビー・ショウ』で一世を風靡し、ゾーイ・クラヴィッツを娘に持つ彼女は、1990年にTV番組『The Donahue Show』に出演し、ワクチンが「未知の微生物を子供たちの血液に注入」する可能性があると司会のフィル・ドナヒューに語り、将来的に「ガンや白血病、多発性硬化症、乳児突然死症候群」といった恐ろしい(かつ完全に実証されていない)弊害が起きる可能性があると述べた。ちなみに、彼女の元夫レニー・クラヴィッツはこの意見に賛同していないようで、2013年には国連児童基金(UNICEF)と提携して予防接種を呼びかけ、予防可能な児童疾病の撲滅を訴えた。

トニー・ブラクストン
「アンブレイク・マイ・ハート」のシンガーは2014年の回想録で、息子のディーゼルが受けたMMRワクチンが、自閉症の悪化につながったのではないかと記している。「もしかしたら単なる偶然かもしれませんが、1回目のMMR予防接種を受けた後、息子に異変を感じるようになりました」(本の中では、むかし人工中絶を受けた罰で神様が息子を自閉症にしたのだとも述べている)。

セルマ・ブレア
『クルーエル・インテンションズ』のスターは2015年、予防接種免除の対象から個人の信仰を排除する法案SB277号に反対する陳情を行った。我が子には予防接種を受けさせたものの、「親には選択する権利があります。大半の人々は予防接種を受けています。決めるのは私たちです」とTwitterに投稿した。

ジェンナ・エルフマン
1990年代のコメディドラマ『ダーマ&グレッグ』で有名な女優もまた、法案SB277号に公然と反対を表明していた。「私は反ワクチン派ではありません」とは2015年のTwitterの投稿。「親は、自分が望むのであれば、現行の法律に基づいて子供にワクチンを受けさせればいい。それは彼らの権利なのだから」

同じく2015年、この法案に反対したジュリエット・ルイスや『ザット70sショー』のダニー・マスターソンと同様、エルフマンもサイエントロジー信者であることは特筆に値するだろう。サイエントロジー教会ではワクチンに対する正式な立場を表明していない。だが今春、サイエントロジーが所有するクルーズ船の乗客にはしかの症例が確認されたため、クルーズ船がキュラソー島で検疫を受けた。


チャーリー・シーンは予防接種を受けさせるかどうかで妻と口論

チャーリー・シーン
まぁ、この人の場合はさほど驚きでもない。気分屋で知られる彼は2008年、娘のサムとローラに予防接種を受けさせるか否かで元妻のデニース・リチャーズと口論になったと言われている。シーンは我が子の予防注射を頑なに拒んでいたようで、彼の弁護士が間にはいる羽目となった。

メイム・ビアリク
『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』のスターは自然派子育て派。ワクチンに関しては複雑な立場を取っている。自分の家族は「ワクチンを接種していない」と発言し、ボブ・シアーズ博士ら反ワクチン活動家の著書を宣伝して回ったかと思えば、2015年にはツイートでワクチンに対する見解を撤回。「私はアンチ派ではありません。子供たちは予防接種を受けています。怒りやヒステリーはもうたくさん。これで誤解が解けるといいんですが」。その後すぐに、ワクチンの「自由」をはっきり支持するようなツイートを投稿した。「自分でちゃんと調べましょう。自分にとって正しいと思うことをしましょう」

ロバート・デニーロ
伝説の俳優(ワクチンと自閉症との関連性を公然と問いただし、反ワクチンをテーマにした映画『MMRワクチン告発』の宣伝にも手を貸した)は2017年に記者会見を開き、ロバート・F・ケネディJr.と手を組んで反ワクチンを標ぼうする非営利団体World Mercury Project(現Children Health Defense)を立ち上げると発表した。記者会見でケネディ氏は報道陣に対し、ワクチンの保存剤として使われる水銀由来の天然成分チメロサールの値が果たして安全なのかという正当な疑問を覆すことができたジャーナリストに10万ドルの報奨金を与えると発表した。疾病予防管理センターによれば、「多くの研究のデータには、ワクチンに含まれる微量のチメロサールが害を及ぼすという証拠はない」としている。

キャット・ヴォン・D
2018年、ヴォン・DはInstagramで、第1子が生まれたらワクチンを受けさせるつもりはないと投稿した。夫でミュージシャンのLeafer Seyerも、『MMRワクチン告発』と『Trace Amounts(原題)』、2作の反ワクチン映画へのリンクをInstagramに投稿した。のちに彼女は(ここでもまた)自分の立場を改めた。「私は反ワクチン派ではありません」と、今年初旬にYouTubeの動画で語った。「私は第一に母親です。他のお母さん方と同じように、あらゆるものに目を通しています。私の赤ちゃんの身体の中、身に起きることはなんでも、オタクみたいに徹底して調べます。山のようにリサーチをして、あらゆる文献に目を通すうちに、すこし戸惑いを覚えました」(12月に生まれた息子に予防接種を受けさせたのかどうかは明らかにしていない)。

ケヴィン・ゲイツ
ラッパーの彼は2016年のローリングストーン誌とのインタビューで、自分の子供が学校で進んでいる(本人の言葉を借りれば「先を行っている」)のは予防接種を受けていないのが理由だと思う、と語った。

ドナルド・トランプ
アメリカ大統領は2010年代、ずいぶん多くの時間を割いて予防接種の義務化に猛反対し、ワクチンが自閉症と関連しているという説を吹聴していた。「健康的な幼い子供が医者に行って、何種類ものワクチンが入ったバカでかい注射を打たれて、具合が悪くなってすっかり変わってしまう。自閉症に。ほとんどの場合がそうだ!」とは、かの有名な2014年のツイートだ。だが今春、はしかの大流行を受けてトランプ大統領も前言撤回したようだ。CNNに対し、「(子供たちは)注射を受けなさい。予防接種は非常に重要です。いまそこら中ではしかが広がっています。注射を受けなさい」と述べた。