左から)田本清嵐、田中圭、般若

7月12日スタートのムロツヨシ&古田新太がW主演を務めるドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~※テレビ大阪のみ翌週日曜 24:12~)に、黒木瞳や人気ラッパーの般若が出演することが決定。黒木は、タロット占いができるスナック来夢来都のママ・麗香役を。般若は、竜崎組組員でいつも鬼の形相で睨みをきかせている神野晃役で登場する。

同作は人気小説家・福澤徹三の同名小説を原作に、映画『下衆の愛』や『獣道』の内田英治監督が手がけるバイオレンスとコメディと哀愁がたっぷり詰まったジェットコースタードラマ。冴えないサラリーマン・狛江光雄(ムロ)に突如訪れたヤクザたちとの地獄の日々を描く。これまで、竜崎組の組長・竜崎剣司役の田中圭をはじめ、狛江が単身赴任する宣告社・阿修羅支店の社員・柳直樹役の渡辺大知と、マイペースな事務・吉村美月役の鈴木愛理が発表されている。

ドラマ24に初出演となる黒木は、「企画書をみせていただいた時に、なんてハチャメチャな面白い作品だろうと思い、実現するのであれば参加させていただきたいと申し上げました。ハチャメチャなんですけど、その中に人間味があって引き付けられたんじゃないかなと思います」とコメント。役についても、「麗香は、岩切組も竜崎組もどちらも知っている場末のスナックのママ。憩いの場でもありますし、新しく入ってくる狛江さんにもタロット占いで助言をしたりします。占いを通して哲学を言うんですよね。憎いセリフが多くていいなぁと思います。ムロさん演じる狛江さんがジェットコースターのような人生を歩かれるので、楽しんでいただきたいです。古田さんとは前に夫婦を演じたり、私の宝塚時代をご覧になっていたりということで、なんとなく同志のように思っていましたが、岩切と麗香にもそんな感じがあると思います。楽しみにしていただきたいです」と明かした。

このほか、狛江の上司であり、狛江に左遷を命じる宣告社・東京本社部長の高峰博之役に相島一之。阿修羅支店と昔からの付き合いの土沼印刷社長の土沼昭吉役に笹野高史。狛江の妻・狛江敦子役に渡辺真起子。竜崎組と怪しいつながりがある大手銀行の支店長・瀬戸川達郎役に手塚とおる。阿修羅警察署刑事・城島豊役に河原雅彦。竜崎組組員の黒田啓二役に田本清嵐。麗香の店で働くホステス・めぐみ役に森田望智が決定。

それぞれのキャラクターがどういった形で狛江や岩切たちと関わってくるのかに注目が集まる。

<あらすじ>
中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社へ――。妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。家のローンに、娘の進学……リストラされるわけにはいかない! 馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業……本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が。これが悪夢の始まりだった……。

怒り心頭の社長・竜崎(田中)が手にするのは狛江が担当したチラシ。そこにはとんでもないミスが! しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。狛江は絶体絶命のピンチに陥る。さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田)も怒鳴り込んでくる。岩切が激怒しているワケとは一体……!? 突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。家族のために働く冴えないサラリーマンの人生が一転、借金を抱え、身売りのピンチ。さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?