“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」でクランクアップした窪田正孝さん(一番左)と本田翼さん(中央) (C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さん主演の“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、月曜午後9時)で、主人公・五十嵐唯織役の窪田さんと甘春杏役の本田翼さんがこのほど、クランクアップした。

 最後のシーンを撮影した窪田さんは、大勢のキャストやスタッフから大きな拍手と歓声を受け、「“月曜よる9時”というのは、ドラマとして一番注目されている枠だと、身をもって感じました。それぐらい注目されている伝統あるドラマ枠なんだな、と改めて思いました。みんなでわちゃわちゃしながら撮影する中で楽しい瞬間がたくさんありました。“ラジエーションハウス”は最高のチームでした! 皆さん、本当にお疲れ様でした!」とあいさつした。

 また、一同から「お疲れ様でした!」とねぎらわれた本田さんは「3カ月があっという間に終わってしまいました。今回、スタッフさんやキャストの方々に温かい方が多く、現場に来るのがすごく楽しかったです。撮影も大変な中、皆さんがいつも明るくて、常に笑顔でいてくださったのでそれに救われました。本当にありがとうございました!」とコメントした。

 ドラマは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」が原作。病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師の唯織と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の杏らの活躍を描く医療ドラマ。最終回は6月17日午後9時から15分拡大版で放送。