舞台あいさつに登場した早見あかりさん

 女優の早見あかりさんが6月16日、東京都内で行われた主演映画「女の機嫌の直し方」(有田駿介監督)の公開記念舞台あいさつに、松井玲奈さんらと登場。作品のテイストに合わせ「夫婦円満」の秘けつを聞かれた早見さんは、「私はまだ結婚して半年ですが、今後長くいたら、お互いに一緒にいるのが当たり前すぎて、空気になっちゃったりとかもあると思う。そういうことがある時に、共感して察してえこひいきされたら、女性はやっぱりうれしい」と新婚ながら冷静な持論を展開。隣で聞いていた松井さんは思わず、「さすがです!」と絶賛していた。

 舞台あいさつには平岡祐太さん、佐伯大地さん、お笑い芸人の横澤夏子さん、有田監督も出席。「今だから言える○○」として撮影当時のエピソードの話題になり、平岡さんが松井さんに対して、「現場ではずっと小説を読んでいて、もっとしゃべりたかったなって。その後に松井さんが小説を出されて拝見し、とてもすてきな小説でした」とたたえると、松井さんは恐縮しながら、「平岡さんが私の書いた小説を持ってきてくださり、『サイン書いてください』って。まさか自分の人生で平岡さんのためにサインを書く瞬間があるなんて思っていなかった」と驚いていた。

 早見さんは今作について、「タイトルが先行してちょっと強烈なイメージがあると思うのですが、人と人とのあり方を伝えられる作品だし、誰もが納得や共感できるようなシーンがちりばめられた映画だと思います」とアピールしていた。

 「女の機嫌の直し方」は、実業家でエッセイストの黒川伊保子さんによる書籍が原案で、脚本協力を横澤さんが担当している。3月には日本テレビで深夜ドラマ化もされた。映画は、大学でAI研究をしている理系女子の真島愛(早見さん)は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」というテーマの卒論のデータ収集のため、結婚式場でアルバイトを始める。そこで愛は上司のウエディングプランナー、青柳誠司(平岡さん)とあるカップルの結婚式を担当することになるが、あちこちでトラブルが発生し……というストーリー。4月に行われた「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で最優秀賞にあたる「おーきな観客賞」を受賞した。