ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める真中満氏

 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本ハム-巨人戦』で解説を務めた真中満氏が、巨人の若林晃弘を絶賛した。

 ここ最近、セカンドでスタメン出場を続ける若林。打率.419、2本塁打、7打点、4盗塁とアピールする。真中氏は「足もありますし、打撃も絶好調。レギュラーを獲る勢いがありますね」と高く評価。

 この日は3回にフェンス直撃のヒットで出塁すると、小林誠司の打席で二盗に成功。「キャッチャーが投げなくてもいいくらいの良いスタートでしたね。本当に良い選手ですね」と目を細めた。若林は、小林のセンター前ヒットで、一気にホームインした。

 さらに若林は、5回二死三塁からワイルドピッチでホームに生還。この走塁に真中氏は「キャッチャーが後ろに逸らしたボールはスタートが切りやすいのですが、今のは前に弾いたんですよね。前に弾いたボールはスタートが切りにくいのですが、本当に良いスタートを切りました。素晴らしいですね」と絶賛した。

 守備では2つの失策と課題を残したが、打撃と走塁では素晴らしい働きを見せている。今後の活躍に期待したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)