ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏

○ オリックス 3x - 2 阪神 ●
<2回戦・京セラD大阪>

 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オリックス-阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、オリックス・鈴木昂平の好守備を絶賛した。

 川相氏が絶賛したのは、6回一死一塁から糸井嘉男が三塁線に放った打球を三塁・鈴木がダイビングキャッチし、一塁へ送球しアウトにした場面。

 川相氏は「これは最高なプレーですよ」と称賛した。その理由について「僕もサードをやったことがあるんですけど、左バッターの三塁線の打球は予測しにくいんです。まして長打の打てる糸井が、そんなところに打ってくると予測しないわけですよ。よく抑えましたよ」と自身の経験を踏まえて三塁線の打球処理の難しさを解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)