前野朋哉、山本舞香ら12人の出演が決定

杉野遥亮が主演を務めるドラマ『スカム』(TBS、7月2日スタート、毎週火曜25:28~/MBS、6月30日スタート、毎週日曜24:50~)に、前野朋哉、山本舞香、戸塚純貴、福山翔大、水間ロン、若林拓也、華村あすか、柳俊太郎、山中崇、和田正人、西田尚美、杉本哲太が出演することがわかった。

累計被害総額約5000億円! 振り込め詐欺に手を染める若者たちの姿をオリジナルストーリーでドラマ化した『スカム』(タイトルの「スカム」は、英訳すると「詐欺」「人間のクズ」)。週刊モーニングで連載中の「ギャングース」の共同原作者を務め、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が巨大犯罪・振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案。社会的要因により振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちのドラマを克明に描きながら、「世代間格差」という現代日本が抱える社会問題を突きつける社会派詐欺エンターテインメントとなっている。

舞台は、リーマン・ブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊。振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、様々な動機で振り込め詐欺に手を染めていく若者たちの“転落”模様を描いていく。

主人公・草野(杉野)の詐欺の相棒役を前野、主人公の幼馴染で、本作のヒロインを山本、また、主人公が振り込め詐欺の道に進むキッカケを作ってしまう悪友役を、戸塚が務める。さらに、主人公の上司で詐欺師になるための地獄の研修を行う鬼店長役に和田、被害者から振り込まれたお金を集める集金屋役に山中、息子の窮地を見かねて、思わぬ決断をする主人公の母親役に西田、さらに、主人公の詐欺グループに資金提供し、詐欺ビジネスを牛耳る金主役を杉本が務めるなど実力派俳優陣が脇を固める。そして、主人公の詐欺グループに所属する同僚役に、映画『JK☆ROCK』で映画初主演を務めた福山をはじめ、水間、若林。ほかにも、主人公の友人役に『仮面ライダーシノビ』での好演で注目を集めた華村、裏稼業で起こるトラブルを解決する謎の便利屋役をモデルとしても活躍する柳が務める。

このほど、前野、山本からコメントが到着。以下に紹介する。

<前野朋哉 コメント>
――まず、本作のオファーを受けた時の印象と実際に脚本をご覧になって感じたことを教えてください。

台本にはオレオレ詐欺の加害者側の事がメインで描かれていて、凄く興味深く読みました。とは言え「詐欺は犯罪です!」。しかし彼らもまた被害者なのかもしれない……正義や悪というものがいかに危ういものかという事も考えさせられました。

――主人公の詐欺稼業における相棒役・清宮を演じる上で意識したことを教えてください。

男は(女性のことはわからないので)、仕事も遊びも、仲間意識を持って誰かのために動く人が多いと思います。清宮にとってもそんなワクワクするような仲間に出会えた場所がたまたま詐欺稼業だった……。自分を奮い立たせる存在の草野と、劇的に変わって行く環境を楽しもうと思いました。余談ですが、現場ではたまに映画『青い春』を思い出していました。

――本作を楽しみにしている視聴者へメッセージ(見所)をお願いします。

目まぐるしく変わっていく若者の環境と心情をお楽しみください。きっとオレオレ詐欺は他人ごとには思えないはずです。そして悪の根源は何なのか……見つけられたら今後の人生のヒントになるかもしれません。ギラギラ……いやこれはキラキラの青春ドラマです。

<山本舞香 コメント>
――まず、本作のオファーを受けた時の印象と実際に脚本をご覧になって感じたことを教えてください。

破茶滅茶な作品だと思いましたが、撮影が楽しみだなと思いました。

――主人公の幼馴染であるヒロイン役・美咲を演じる上で意識したことを教えてください。

私の役、美咲は杉野さんが演じる誠実が詐欺をしていることを一切知らない子なので、常に明るくてまっすぐな子を意識しました。役が引っ張られないように、他のシーン(の台本)は読まないようにしていました。

――本作を楽しみにしている視聴者へメッセージ(見所)をお願いします。

独特な撮影でしたが、とても素敵なスタッフさんに囲まれ、いつも現場は明るく、楽しい撮影でした。放送を楽しみにしていてください。