【教育専門家に聞く】小学生用の電子辞書おすすめ5選|もっと学習しやすくなる

【この記事のエキスパート】

教育・受験指導専門家:西村 創

教育・受験指導専門家:西村 創

学生時代からさまざまなタイプの学習塾で講師経験を積む。
大学卒業後、大手進学塾に入社。生徒の授業アンケートで全講師中1位に輝く。
大手予備校へ転職後、シンガポールへ赴任。その後、初の20代校長として香港に赴任。
「やる気」を引き出す指導法で生徒の成績が向上。赴任初年度にして校舎史上最高の合格実績を出す。
国内外において指導した生徒は2000人を超える。
現在は東京の大手進学塾に所属。授業を担当するほか、講師の指導研修、保護者セミナーを行う。
また、教育書や参考書の執筆、講演の仕事に携わる。


教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、小学生が使うのに適した電子辞書の選び方とおすすめ商品を紹介します。電子辞書は、すべての小学生にとって必須のツールではありませんが、持っていれば確実に便利で役に立つアイテムです。また、図鑑などが収録されているモデルなら、子供の知的好奇心を育てることもできるものです。この記事で紹介するのは、教育のプロが厳選した商品ですので、是非参考にしてください。

小学生のための電子辞書の選び方|教育専門家に聞く

教育・受験指導専門家の西村 創さんに、小学生のための電子辞書を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。学年によっても選び方は違ってくるようです。ポイントを踏まえて最適な製品を選んであげてください。

低学年には入力しやすい五十音タイプのキーボードがおすすめ

【エキスパートのコメント】

まだローマ字を習っていない小学校低学年であれば、電子辞書のキーボードのタイプはローマ字タイプよりも五十音タイプがよいでしょう。

電子辞書の購入を機にローマ字の勉強をしてもよいのですが、やはり電子辞書のメリットはわからないことをすぐに調べられるという点にあります。わからないことをすぐに調べる習慣をつけるために、小学校低学年であれば入力が容易な五十音タイプのキーボードがおすすめです。

カシオ『エクスワード 小学生低学年モデル XD-SK2000WE』:

出典:Amazon

キーボード入力が、五十音入力とローマ字入力と両方に対応で便利。小学生低学年のみならず高学年まで長く使っていただけるでしょう。

高学年からは入力もローマ字に挑戦しよう

【エキスパートのコメント】

学校である程度のローマ字を覚えた小学校高学年であれば、電子辞書のキーボードは五十音タイプよりもローマ字タイプがよいでしょう。
ローマ字の表し方の知識の定着だけでなく、パソコンのタイピングの練習にもなります。

また、ローマ字タイプのキーボードを備えた電子辞書の方が、中学校に入ってもそのまま使い続けやすいです。

シャープ『電子辞書Brain 生活総合モデル PW-SA2』:

出典:Amazon

小学生高学年からでも使える中学生向けのモデル! 一般教養なども収録されているため幅広く勉強ができます。

頑丈さも外せないポイント

【エキスパートのコメント】

電子辞書は精密機器であり、落としたり乱暴に扱ったりすると壊れてしまう可能性があります。
また、電子辞書をランドセルにそのまま入れて学校に持っていくというケースもあるかもしれませんので、ある程度の衝撃に耐えられる耐久性を備えたものがよいでしょう。

電子辞書に専用のケースが付属しているモデルもおすすめです。

小学生のための電子辞書を選ぶときはここもチェック!

電子辞書は学校の勉強に役立つだけでなく、さまざまな知識を身につけるためにも最適なツールです。小学生のために電子辞書を選ぶときに、ほかに知っておくといいポイントを紹介します。

収録辞書の数で選ぶ

電子辞書は、紙の辞書を超えるさまざまな便利な機能が付いています。収録されている辞書の種類や数が多いことで、わからない言葉を調べたときに複数の辞書の説明を一度に見ることができる点は、電子辞書のいちばんのメリットと言えるでしょう。

国語辞典だけをみても、複数の主要な辞書を収録していることは珍しくなく、同じ言葉でもさまざまな言い回しや活用例を学ぶことができます。
類語や反対語、言葉の成り立ちも同時に調べることができるのは、子どもの学習に大いに役立ってくれるはずです。

機能で選ぶ

漢字の書き取りや英語の文法、小学生が学ぶ主要教科をドリル形式で学べる学習コンテンツが収録されているものもあります。
動画や音声で学習できる機能が収録されている電子辞書を選べば、ゲーム感覚で楽しく学習を進めることもできるかもしれません。

このような製品を選べば、学校や塾の予習・復習はもちろん、中学受験などにも幅広く活用していけるでしょう。

付随する教材で選ぶ

主要な辞書のほかに、百科事典や図鑑、物語やクラシックの名作集を収録した電子辞書もあります。
文字に加えて、写真を見たり音を聞いたりして幅広い知識を得ることが、興味をもつきっかけになって将来の進路につながる可能性もあります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)