山下智久、平岡祐太、濱田岳

平岡祐太が、山下智久が主演を務める6月14日放送の『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)に、高家春馬(濱田岳)の幼馴染・棚橋弘樹役でゲスト出演することが決定。山下、濱田、平岡の共演はドラマ『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系、2007年・2008年)以来、約11年ぶりとなる。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉哲が、お人好しの熱血助手・高家や、クールでやり手な美人官僚・牧野(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。第10話には平岡のほかに宮崎美子、磯村勇斗、石橋杏奈らがゲスト出演する。

『プロポーズ大作戦』では高校生の仲良しトリオを演じた3人。本作でコンビを組む山下と濱田を見て「自分も入りたいと思った」という平岡は、オファーを受け「思いが叶った」と歓喜。山下と濱田も「すごくうれしい。いい機会を与えていただいた」(山下)、「旧友と会ったみたいな楽しさ」(濱田)と再共演を喜んだ。

平岡が演じる棚橋は、高家の故郷・相羽村でBSL4施設(※ウイルスなどの病原体を取り扱う施設のうち、もっとも危険性の高い病原体を対象とする施設)の誘致反対運動を行う青年会の会長。高家の幼馴染であり、美園(石橋)の恋人でもある。正義感の強い棚橋が取った行動が、とんでもない事態を引き起こすきっかけとなる。

平岡、山下、濱田からのコメントを以下に、紹介する。

<平岡祐太コメント>
第1話で2人が共演しているのを見た時から「羨ましいな」と思っていたので、お話をいただき、思いが叶ってすごくうれしいです。約11年ぶりの共演ですが、久々という感じが全然しなくて。休憩時間に自然と3人でしゃべっている時に「あ、この感じ!」って、どこか昔の続きのような不思議な気持ちになりました。こうして再共演できたことで改めて、素敵な青春を一緒に過ごしてきた仲間だということが身に染みました。あれから3人とも色々な経験を積んで大人になって、今は会話の内容も30代らしい落ち着いた感じになりました(笑)。再共演を楽しみながら、後半に向けたドラマも盛り上げていけるよう演じていきたいです。

<山下智久コメント>
まさかここで再会できるとは思ってなかったので、すごくうれしいです。懐かしい気持ちもありますが、11年経ってまた違った平岡くんを見られるのではと期待しています。ラストに向け、いい機会を与えていただいたので久しぶりの共演を楽しみたいと思います。

<濱田岳コメント>
平岡くんが出ると聞いて、素直にうれしいという感情が一番に沸きました。やっぱり久々にこうして3人揃うと、旧友と会ったみたいな楽しさがありますね。最後に向けて楽しみが増えたので、より頑張れそうです!