連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」に出演する吉高由里子さん(左)と向井理さん(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が6月11日に放送された。吉高さん演じる主人公・東山結衣と、人気グループ「KAT-TUN」の中丸雄一さん演じる婚約者・諏訪巧を巡るやりとりが描かれ、SNSでは「予想しない展開」「結末がこんなに予測不可能なドラマって珍しい」「中丸君の衝撃発言」などの声が上がった。

 第9話では、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永(ユースケ・サンタマリアさん)の姿が……。残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするようになる。一方、結衣と巧は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるにつれてすれ違いが増えていき……という展開だった。

 ラストは、巧が「ごめん。やっぱり僕、結衣ちゃんとは結婚できない」と結衣に告げる場面で終了した。SNSでは、「結衣ちゃんは種田さんと結婚した方が幸せになると思う」「ゆいちゃんと種田さんがうまくいきますように……」といった声が上がった一方で、「巧くんが切なくて涙が出ます」「ドラマでも何でも中丸くんが幸せでいてほしい」「中丸くん、このドラマのキーパーソン」といった声も上がった。中丸さんが出演する情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)の1コーナー「まじっすか」の名前を出し、「中丸くん。まじっすか!? って話してた」といったコメントもあった。

 向井理さん演じる結衣の元婚約者・種田晃太郎は、ドラマが放送されるたび、ツイッターでは「種田さん」がトレンド入りするほど、話題となっている。18日の放送で最終回を迎えることから、「まだ最終回前だというのに種田さんロス…」「次で最終回とか今でさえ種田さんロスなのにロスロスロス!」といった声が早くも上がっていた。

 「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名シリーズ小説(新潮社)が原作。「残業ゼロ」「定時で帰る」がモットーのワーキングガール、結衣が、くせ者のモンスター社員の抱える会社でさまざまなトラブルを解決していく物語。